住まいは子どものために。子育てアプリを紹介しませんか?

家づくりに関わる人、これから家を建てる人で、「住まいは子どものために」という言葉を、否定する人ってほとんどいないのではないでしょうか?

それぐらい、住まいと子育ては密接な関係にあるわけです。

 

では、そのことについてどれくらいの情報を持っていますでしょうか?

「建てるのが仕事だから関係ない」「設計するのが仕事だから関係ない」そういったスタイルを取るのも構いませんが、もったいないですよね。

性能の話も、価格の話も、デザインの話も、最終的に子育てに紐づけてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、杉という素材を子育てに紐付けると、床材に杉の無垢材を使っている理由として、

空気を含み、夏はさらっとして寝転がってもべとつかない。冬は靴下なしでも暖かく過ごせます。また、柔らかいので、小さなお子様が転んでも怪我をしにくくなっています。

という表現をしてみたり。

 

さらには、

以前、「CarryOn」というブランド子ども服のアプリを紹介しましたが、

例えば、ターゲット層がこれから子育てを始める家族であれば、工務店や設計事務所が、こんな子育てアプリを紹介したっていいわけです。

 

 

家族SNS wellnote(ウェルノート)

住まいは子どものために。子育てアプリを紹介しませんか?

家族SNS wellnote(ウェルノート)

家族SNS wellnote(ウェルノート) – 家族だけで思い出を残せる安心無料アプリ

ウェルノートは、家族だけのSNSです。家族をいちばんに考えた機能満載で、家族のコミュニケーションが広がります!

 

 

kazoc(カゾック) – Yahoo! JAPAN

住まいは子どものために。子育てアプリを紹介しませんか?

kazoc(カゾック) こどもの成長、おもいで残す母子手帳アプリ

kazoc(カゾック) – Yahoo! JAPAN

こどものおもいで家族でつながる。母子手帳記録や予防接種記録、日記・写真を家族限定で共有できるサービスです。大切なこどもの記録をヤフーで永久保存!

 

 

子供の写真整理アプリFamm (ファム)

住まいは子どものために。子育てアプリを紹介しませんか?

子供の写真整理アプリFamm (ファム)- 子供の写真を簡単整理

子供の写真整理アプリFamm (ファム)- 子供の写真を簡単整理

超高速大量アップロード!親戚との共有も簡単!オシャレな成長記録を毎月自動で作成!家族でも使える!共有アルバムやチャット機能。ドコモとフジテレビが絶賛したアプリ”Pairy”を開発した会社が手がける、魔法のような子育て家族アプリ、Famm(ファム)!

子供の写真を自動整理、成長記録も自動で作成。家族の思い出は、すべてここに。

子供の写真をアップロードするだけ、余計な手間はかかりません。今すぐ登録して、子育ててをもっと楽しみませんか?

 

こういった子育てアプリの情報は、プライベートな「どこ行った」「何食べた」という情報よりもずっと、これから家を建てる人たちに役立ちそうな情報ですよね。プライベートな情報は、あなた自身のブランド力がないと、意味無いですよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。