住宅広告のキャッチコピーを東京新潟物語に学んでみよう!

以前、「住宅広告のキャッチコピーはルミネに学ぼう!」という記事を書いたら、結構アクセスがありました。同じような切り口で表現されているものを見ると、やはり目に止まってしまいますね。

 

お酒のキャッチコピー・東京新潟物語に学んでみよう!

住宅広告のキャッチコピーを学ぼう第2弾というわけではないですが、新潟長岡市にある日本酒の蔵元・吉乃川 株式会社で掲載されている「東京新潟物語」が、ルミネの広告とはまた違って、非常にいいメッセージを発信されています。

東京で失恋した。お酒が強くて、よかった。

東京で失恋した。お酒が強くて、よかった。

帰省したら、幼なじみがお母さんになっていた。私は、

帰省したら、幼なじみがお母さんになっていた。私は、

告白された。こんどは、ゆっくり恋をしようと思う。

告白された。こんどは、ゆっくり恋をしようと思う。

お酒を分けあって暖かくなる。雪国の夫婦って、いいなあ。

お酒を分けあって暖かくなる。雪国の夫婦って、いいなあ。

仕事忙しいしお見合いだなんて帰れないよ。と、嘘をついた。

仕事忙しいしお見合いだなんて帰れないよ。と、嘘をついた。

初めて、東京の人を連れて行くなら、夏がいい、と決めていた。

初めて、東京の人を連れて行くなら、夏がいい、と決めていた。

 

すごくシンプルなコピーと写真なのですが、グッと惹き寄せられてしまいますね。商品の特性などを紹介しているのではなく、お酒から生まれるストーリーを上手く描いていますよね。

もちろん、そのままでは住宅のキャッチコピーには使えませんが、上手く本質を汲み取ってみるといいですね。「帰省したら、幼なじみが家を建ててた」なんてこともあるでしょうし(笑)

2013年の春から始まり、春夏秋冬と四半期ごとに作られているようですので、2014年秋版ももうすぐ更新されてるのではないでしょうか。楽しみです。

吉乃川 株式会社 新潟長岡市にある日本酒の蔵元

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。