良い住宅を建てることと同じぐらい収益を出すことも大事

ものづくりの方たちが敬遠することと言えば、「稼ぐ」「収益を出す」ということ。お金の話が苦手で避けたり、「稼ぐこと」=「悪い」と捉えている方も少なくありません。

でも、良い住宅を建てることと同じぐらい収益を出すことも大事だと思っています。正しく稼げばいいんです。

住宅業界には、二言目には「値引き」を持ち出す営業マンが結構いますし、その他には、お金を使わないよう仕向ける管理部などもいますね(笑)

昔、電車の路線違いで10円高くなった電車賃を、経理に問い詰められてた50歳近い社員がいました(笑)電車に乗った社員とすれば、目的地に近い降り口ということでその線を使ったという理由ですが、たかが10円の違いで30歳手前の経理の女性にボロクソ問い詰められてましたの思い出しました(笑)・・・タイムイズマネーなのにね。

AL008

こういう人達を目にしてから、「管理部とかクソったれ」だなと思っているわけです(笑)言葉を慎むなら、「稼ぐ意識のない人」は会社には不要だと思っています。

 

先日、元ライブドアの堀江さんが、「すべての部署が収益を出そうとすることで、仕事への意識が高まる」と言ってたのを載せておきます。

「堀江貴文のQ&A vol.377~社内で稼ぐ!?~」

「すべての部署が収益を出そうとすることで、仕事への意識が高まるから」だそうです。
会社組織は、必ずしもすべての部署がノルマを追いかけなければならないわけではありません。とはいえ、発破をかけないとダレるのが人間というもの。少し前には、用途が決まっていない情報を管理する役所の仕事が、大変ずさんになっているという事件もありました。常に目標を掲げておくことで、1人1人がより良い方法を考えるようになるのかもしれませんね。

「経理部だって利益を生める!?」—ホリエモンがライブドア時代に行った、社員の気を引き締めるワザ

まずは、良い物を作ることと同じぐらい収益を出すことも意識すると、住宅業界ももっと良くなると思っています。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。