わかりやすいキャッチはブランディングにも繋がる。

建築家、ザハ・ハディドの展覧会が、
東京のオペラシティで開催されます。

⇒ https://dtoac.com/blog/20141005/11198

かつては、

デザインが先を行き過ぎてて、
その通りに建設できないということから、

アンビルドの女王と
呼ばれてたわけですが、

わかりやすくて、
いいキャッチフレーズですよね。

本人が気に入ってたかどうかは
わかりませんが・・・(笑)

わかりやすく伝えるのに、
キャッチのいい言葉って、
ブランディングにも繋がります。

昔CMでよく観た、
マスターカードの

「お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」

その前フリの何がいくらなのかは、
覚えていませんが、

最後のフレーズはいまだに残っています。

あと、先日読んだ幕末本の影響が
残っていますが(笑)

亀山社中より海援隊の方が、
船による貿易のイメージが
湧きやすいですよね。

このような言葉を使うチカラがあると、
チラシにもWEBにも使える
基本なので重宝しますよ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。