デジタルデザインによる新しい木造建築技術「デジタル木造」(2010/11/22)

慶應義塾大学 SFC Open Research Forum 2010において、池田靖史研究室ではコンピューターによる情報処理能力を活かしたデザインとデジタルな部品生産を連動させる木造建築技術「デジタル木造」の展示をおこなった。 この展示では両手で持てる程の小さな木のピースを約500枚使って組まれたアーチ状の覆いと、デジタル・デザインによる木造ビルの模型が出展された。

http://jp.diginfo.tv/v/10-0243-f-jp.php

 

この技術は今どこまで進化しているのでしょうか。気になりますね。

こういった最先端の技術は、住宅で工務店などが適正価格で簡単に使えるようになると、業界もグッと変わるんですけどね。

賢い人達だけで囲っていては、何も始まらない・・・

 

おまけ:

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス池田靖史研究室の活動紹介ビデオ

2012年頃のプロジェクトを研究室活動方針と共に紹介されています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。