住宅にも引き算のアプローチが必要

スティーブ・ジョブズが作らせたAppleの社内研修プログラムでは、「引き算の美学」という不必要な部分を徹底的にそぎ落とすことの大切さを教えているようです。

「Appleでのコミュニケーション」という講義のなかで、ピカソの抽象画「雄牛」を教材に、不必要な部分をそぎ落としていくことの重要性を教えている

アップル大学の内幕

引き算の美学って難しいですよね。算数の引き算ではなく、削ぎ落とすという意味ですからね。ですが、余計な部分が削ぎ落とされたシンプルさは魅力的です。

これだけ良い素材があふれているため、こういった「引き算の美学」は、プロダクトだけではなく、様々なところで取り入れられています。

日本料理もどちらかというと素材の余計な部分を取り除いて、素材本来の旨さを際立たせる引き算の料理法ですよね。海外の料理は、素材に色々と味付けを加えていく、足し算の料理法な気がします。

住宅にも引き算のアプローチが必要

鍋も引き算料理のひとつ!?

住宅にもシンプルさが求められ始めている!?

これだけ良い物があふれている時代に、さらにあれこれ足して勝負する戦いは不毛な結果をもたらしそうです。

「Surface Pro 3 vs. MacBook Air」の不毛な戦い

道具の使い方など人によってさまざまだから、一概にどちらが優れているかを議論してもあまり意味がない。そういう前提で、「削ること」を意識的に強いるという「引き算のアプローチ」をやってこそ、やっと得られる大きな無形の価値がある──そんなことが、このビデオからはっきり読み取れる。

モノのデザインに限らず、たとえば暮らし方などにも役立ちそうな、「覚えておいて損のない」ことだろう。

「Mac vs. PC」から見えてくること

Surface ProもMacBook Airもどちらもいいものだし、使う人によって、選ぶ商品も変わってきますよね。だから、シェア100%なんてないってことです。

どちらの機能がすごい、性能が高い、デザインがいいなど、性能、素材、価格だけで勝負しようとする現代住宅の不毛な戦いに似ていますね(笑)

住宅において余計な部分とは何でしょうか?シンプルに削ぎとれる部分はどこでしょうか?

ここにこれからの家づくりの魅力が眠ってそうです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。