工務店集客のヒント!住宅×家事で豊かな暮らしを実現させる!

先日、「捨てる技術!」の辰巳渚さんが主催する家事塾の加藤さんに久しぶりにお会いしてきました。

家事塾

家事塾

http://kajijuku.com/

家事塾とは、辰巳渚氏を代表に、2008年に発足。

「家のコトは生きるコト」の理念のもと、家事について学ぶ各種講座の開催、家事セラピー、そして暮らしの専門家である「家事セラピスト養成」や「くらしのこと学校」の運営を中心に様々な活動を展開していおり、

今年の9月に拠点を浅草に移されて、活動の幅を広げています。

家事塾代表 辰巳 渚

辰巳渚お茶の水女子大学卒業後、出版社勤務を経て、1993年 よりフリーのマーケティングプランナー、ライターとし て独立。2000年に刊行した『「捨てる!」技術』で、消 費社会の象徴である「物」に対する新しい哲学を提唱し、 同書は130万部のベストセラーになる。現在、家事塾で の講座やセミナー、講演を通じて、ほんとうに豊かな暮 らし方の発信や、生活関連会社・住宅会社へのコンサル ティングなど、暮らし研究の第一人者として活躍中。 クロワッサン、STORY、ESSE、いきいきなど雑誌及びテレビ等 メディア出演や著書多数。 近著に「幸せの生前整理・家の光協会」「物の捨て方 のこし方・PHP」「人生十二相・イーストプレス」がある。

IMG_0018

地域の方へ配布しているお知らせ

IMG_0019

リフォームのカタログと、プロデュースされているカタログ

浅草の新しい場所は、古いマンションをリノベーションし、工事も自分たちでできるところは作業したようです。早速コミュニティになり、様々な方が訪れているようですね。

このブログでも、辰巳さんのことは地味に取り上げてました。

その時少し書いていますが、

「人生がときめく片づけの魔法」で有名なこんまりさんこと近藤麻理恵さんは、著書の中で、中学生時代に辰巳さんの『「捨てる!」技術』を読んで、収納系に目覚めたとも書かれています。直接の教え子ではないようですが、影響を受けているようです。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者:近藤麻理恵
  • 出版社:サンマーク出版
  • 発売日: 2010-12-27

 

お会いした加藤さんとは?

で、加藤さんとは、その辰巳さんを裏方で企画など様々な面で支えている男性です。家事塾として公に写真が出ていないですね(笑)会社員時代からのお付き合いでもあり、いろいろと情報交換させてもらっています。

住宅×家事は、豊かな暮らしを実現させることに繋がりますし、それが工務店集客のヒントになることも間違いないですね。

住宅や家づくりを通じて生まれるコミュニティを求める方は増えてきています。

kaji

住宅を商品扱いしてモノだけをつくっている会社は、価格競争に巻き込まれるだけですし、価格重視の客層を相手するしかなくなってきますね。

WEB初心者だけどリフォームサイトを立ち上げた!

話の中で興味深かったのが、この家事塾のリフォームサイトを、加藤さん自身で作ったとのこと。

http://kajijuku.com/reform/

WordPressと有料テンプレートを使用して、素材や内容を当て込み、ご自身で作成した模様です。テンプレートはこちらですね。Black Dream (レスポンシブデザイン対応) – シンプルでおしゃれなWordPressテーマ

加藤さん自身、そこまでWEBに精通している方ではなく、ご自身でも「初心者」と言われています。年齢も40代後半の方です。でも、簡単なやり方がわかれば、自身でWEBサイトを作ることができるのです。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。