間違った先入観を壊して、信頼関係をつくる

この映像、興味深いです。

知らない外国人にHelloはやめましょう。

要点をまとめると、

・日本では「外国人=白人・アメリカ人・英語」というイメージが強い。
・英語は世界共通語だけど、ここは日本だから「こんにちは」と声を掛ける。
・もし声を掛けた外国人が英語が話せない場合、失礼かもしれない。
・知らないアメリカ人に「ニーハオ」と言われたらどんな気持ちになる?

観終えて「なるほど。そうだよなぁ」と思ってしまいました。

実際にこんなことを体験しています。

余談ですが、この映像を観て思い出したのが・・・

以前、タイ・バンコクに行った時、乗車したタクシーのタイ人の運転手から、ムスッとした感じで「Are you Korean ?」と言われたことがあります(笑)

「I’m Japanese.」と答えたら、態度が急変して、めちゃくちゃ陽気に話しかけてきたのを思い出します。降車時、地味にぼったくってきましたが(笑)

間違った先入観を壊して、信頼関係をつくる

やはり間違われると、ちょっとムッとしちゃいますね。

間違った知識を正してくれた人に対して、信頼性が生まれやすくなる

さて、本題に戻りますと、

この映像を観終わって感じたのが、この映像の出演者に対する信頼性が少し上がったことです。

彼の名前は、ボビージュード。福岡県・佐賀県を中心に活動しているローカルタレントです。

国際交流を目標にし、2009年から YouTubeのチャネルを初め、様々な動画やブログネタを公開。ネット上の活動から 2010 テレビレポーターとして デビュー。現在は テレビ、ラジオ、イベント、モデル、役者、観光ガイドなどで 活動中。

アメリカ、フロリダ出身のボビー。22歳で来日。佐賀県に辿り着き、日本語、日本文化、日本料理にハマり、1、2年の滞在のつもりが 現在 8年目となっています。自分の好きな日本を海外に紹介しつつ、日本で 地元のフロリダやアメリカの文化、そして 旅で体験した 色んな国の文化を日本で 紹介ができたらと思っています。

http://www.bobbyjudo.com/

上記の映像を観て、あれこれプラスに感じなければ、こうやって、名前やサイトを紹介することもないわけです。

あなたのその考え間違ってますよ。それは誤解ですよ。

このままだと損しますよ。

正しい考え方はこうなんですよ。こうすると損をしないですよ。(得しますよ。)

こういった流れは、良くも悪くも昔からよく使われる手法ですね(笑)

住宅業界でも使える手法です。参考ください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。