商品仕様や価格という住宅広告の大きな勘違い

工務店が自社や同業者の、チラシやホームページなど住宅広告を見る際、多くの人は、

  1. 商品仕様を見る。(性能や機能、品質やデザインなど)
  2. 価格を見る。
  3. そのバランスを考える。

の順番で注目していきます。

商品の性能・品質と価格で、反応があると考えているのです。

 

これは大きな勘違いです。

 

これから家を建てたい方は、商品の性能や品質、価格で、広告を眺めていないのです。

そういったものは2の次、3の次です。

まずは、好き嫌いで、判断しているのです。

例えば、「新しい家で〇〇をしたいかどうか」など。

 

初見ほんの数秒に起きる好き嫌いの壁をパスしないと、

たとえ、直接DMを送っても、ゴミ箱行きになるわけです。

参考記事:事例から考える、DMを送っても反応がない理由

商品仕様や価格という住宅広告の大きな勘違い

 

もちろん、価格や性能が最優先の方は一定層います。

でも、そのお客さんがあなたの会社にとって、いいお客さんかどうかは別問題ですよ。

参考記事:不良客を集めるから、いい家が建てられない!

 

 

おまけ・住宅広告の話のネタにいかがでしょうか?

『スーパーマーケットマニア』シリーズの森井ユカが贈る、住宅広告の楽しみかた指南書。
2005年以降、集めに集めたヨーロッパの住宅広告を一挙大公開!

パリ、ヘルシンキ、ストックホルム、ユトレヒト、ベルリン、ロンドンの
住宅広告を森井ユカ的視点からセレクト&解説した一冊。
2005年から集められた膨大な住宅広告の中から、
とっておきの物々を大公開しています。
間取り図ナシが一般的、サウナは必須、地下倉庫アリが普通……
住宅広告を見れば、その国がわかる!?と思える内容です。
「オマケ」で掲載された台湾、香港、シンガポール、ワシントン、
ドバイの住宅広告から漂ってくる、お国柄や国民性も必見!

ヨーロッパの住宅広告
フランス・パリ、フィンランド・ヘルシンキ、スウェーデン・ストックホルム、
オランダ・ユトレヒト、ドイツ・ベルリン、イギリス・ロンドン

オマケ その他の国の住宅広告
台湾・台北、中国・香港、シンガポール、アメリカ・ワシントンD.C、U.A.Eドバイ

【編集者からのコメント】
雑貨コレクターとして有名な森井ユカさんは、実は住宅広告コレクターでもありました。
2005年から現在まで、ヨーロッパを中心に集めた膨大な量の広告を、一挙大公開!
トコロかわれば、住居に求めるものもかわる、ということがよくわかる一冊です。
各国それぞれの個性的な住宅広告を眺めては、愉快に繰り広げられる森井ユカ的妄想。
森井さんは言います。「想像するということは、それだけで価値があります」。
さあさあ一緒に、住宅広告を愛で楽しむ旅に出ましょう!

住宅文化が違うので、集客の参考にはならなそうですが、話のネタにはなりそうです(笑)

ヨーロッパの住宅広告

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。