1994年に公開された住宅の集客にも必要なマーケティング22の法則

「いい住宅をつくれば、いいサービスをすれば、家が売れる。」

この常識が、常に成り立つ現代ではなくなってきています。なぜなら、いい住宅をつくろうとするところは沢山いますし、いいサービスをしようとするところも沢山います。なので、いいものというのは、最低限必要になっているということなのです。

「いいモノを作れば、売れる」という、ものづくりが得意な職人的発想だと、

  • いいCMを作れば、見てもらえる。
  • いい学校に入れば、出世する。
  • イイ男になれば、女性が振り向いてくれる。 etc…

と考えているのと似ていますね(笑)でも結果は…決してそうではないですよね。

中小零細企業が実戦においては、抽象的で学術的なマーケティング論を学ぶ必要はないです。本質的な原理原則を、押さえておくだけで充分なのです。大手がやるような、テレビCMなどはイメージ戦略なので、中小零細企業が行うマーケティングとはかけ離れています。

その幾つかの本質的な原理・原則を、「22の法則」としてまとめられたものが本があります。実戦で有効性が証明されてきた「22の法則」とのこと。下記紹介します。

というのも・・・先日、古本屋で懐かしい本を発見してしまいました。

 

1994年に発売された本なので、もう20年経っているのですが、書かれている「22の法則」は、今でも通用する内容です。時代が変わっても、市場やターゲット、商品などビジネスの内容が変わっても、「不変」かつ「普遍」な部分が、マーケティングだと思います。

もちろん、この本の通りにやったからといって、必ず成功するとは言い切れません。でも、その逆のことをやっていたら、間違いなく失敗するのではないでしょうか。

以下、その22の法則を挙げています。

 

迷った時に読み返したい不変かつ普遍のマーケティング22の法則

1.一番手の法則

一番手になることは、ベターであることに優る。

 

2.カテゴリーの法則

あるカテゴリーで一番手になれない場合は、一番手になれるあたらしいカテゴリーを作れ。

 

3.心の法則

市場に最初に参入するより、顧客の心に最初に入るほうがベターである。

 

4.知覚の法則

マーケティングとは商品の戦いではなく、知覚の戦いである。

 

5.集中の法則

マーケティングにおける最も強力なコンセプトは見込客の心の中にただ一つの言葉を植えつけることである。

 

6.独占の法則

二つの会社が顧客の心の中に同じ言葉を植えつけることはできない

 

7.梯子の法則

採用すべき戦略は、あなたが梯子のどの段にいるかによって決まる。

 

8.二極分化の法則

長期的に見れば、あらゆる市場は二頭の馬の競走になる。

 

9.対立の法則

ナンバーツーの座を狙っている時の戦略はナンバーワンの在り方によってきまる。

 

10.分割の法則

時の経過とともに、一つのカテゴリーは分割し、二つ以上のカテゴリーに分かれていく。

 

11.遠近関係の法則

マーケティングの効果は、長い時間を得てから現われる。

 

12.製品ライン拡張の法則

ブランドの権威を広げたいという抗しがたい圧力が存在する。

 

13.犠牲の法則

何かを得るためには、何かを犠牲にしなければならない。

 

14.属性の法則

あらゆる属性には、それとは正反対の、優れた属性があるものだ。

 

15.正直の法則

あなたが自分のネガティブな面を認めたら、顧客はあなたにポジティブな評価を与えてくれるだろう.

 

16.一撃の法則

各々の状況においては、ただ一つの動きが重大な結果を生むのである。

 

17.予測不能の法則

自分で競合相手のプランを作成したのでない限り、あなたが将来を予測することはできない。

 

18.成功の法則

成功はしばしば傲慢につながり、傲慢は失敗につながる。

 

19.失敗の法則

失敗は予期することもできるし、また受け入れることもできる。

 

20.パブリシティの法則

実態は、マスコミに現れる姿とは逆である場合が多い。

 

21.成長促進の法則

成功するマーケティング計画は、一時的流行現象(ファッド)の上にきずかれるのではない。トレンドの上に築かれるのだ。

 

22.財源の法則

しかるべき資金がなければ、せっかくのアイデアも宝の持ち腐れとなる。

 

以上の22点です。詳細は割愛しますが、「4.知覚の法則・商品の戦いではなく、知覚の戦いである。」というのは、簡単にいうと「〇〇と言えば■■である。」ということですね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。