住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

スマートフォンで Google の検索結果で出たサイトを閲覧した時、

表示されたページのテキストが細かすぎたり、リンクの表示が小さかったり、またはすべてのコンテンツを見るには横にスクロールしなければならなかったりといった経験はありませんか?

これは主に、WEBサイトがスマホの表示に最適化されていないことが原因です。この状態では、スマホユーザーの利便性を妨げることの原因になります。

Googleの検索結果に「スマホ対応」というラベルが追加される?

Google では、モバイル版の検索で、検索ユーザーが目的の情報をより簡単に見つけることができるようにするために、モバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加していくようです。

住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

モバイル版の検索結果に [スマホ対応] の表示

この変更は、今後数週間で順次日本を含む世界中で公開する予定とのこと。

なので、

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用している
  • ズームしないと判読できないテキストを使用している
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要があるページ
  • リンク同士が近すぎて、目的のリンクを簡単に押せない。

といったサイトは、検索ユーザーのことを考えても親切ではないですよね。

ページがスマホ対応の条件を満たしているかどうかを確認

ページがスマホ対応の条件を満たしているかどうかを確認するには:

  1. モバイル フレンドリー テストでページを確認する。
  2. Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートを確認する。

例えば、このサイトをモバイル フレンドリー テストで確認すると、

住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

Awesome! This page is mobile-friendly.で、モバイルフレンドリーなサイトのようです。

Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートで確認をすると、

住宅サイトのスマホ対応必須!Googleの検索結果に”スマホ対応”の表示!?

エラーは見つかりませんでした。

・・・と、問題ないようです。

この結果が、検索結果の表示順位にはまだ影響はないようですが、今後は反映されるかもしれません。

Google ではこのラベルを、モバイル ユーザーにさらに優れたモバイル ウェブ エクスペリエンスを提供するための第一歩と考えています。また、このモバイル フレンドリーの条件をランキング要素として使用することも実験中です。

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

とはいえ、適切なスマホ対応は、SEOとは関係なく、スマホユーザーのユーザビリティーの向上のために必要です。

スマホユーザーに優しいサイトを目指したほうがいいですよね。それにより、リピートで閲覧する人も増えますよ。

  1. モバイル フレンドリー テストでページを確認する。
  2. Google ウェブマスター ツールで [モバイル ユーザビリティ] レポートを確認する。

ご自身のサイトで確認してみてはいかがでしょうか。

Googleの資料は、過去記事に書いたこちらも参考になりますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。