デザインそっちのけで勝手にすすめられている新国立競技場

新しく建てなおされる新国立競技場、未だにまとまってないんですね・・・

新国立競技場をめぐる争いの醜さが加速している

ザハは2020年の東京オリンピックで使用されるスタジアムのデザインコンペにて、見事選出された建築家です。日本の権威ある建築家たちが即座にでかすぎるだの総工費が高いだの、引いてはデザインが酷いなどと攻撃的とまで言える態度で批判したあのデザインは、コンペで選ばれていたのです。

すでに決まったデザインにも関わらず、反対する人の数はみるみる増え、ついには一般の人までもが反対するようにまでなっています。そして、建設費は当初1,300億円を見込んでいましたが、その後の試算により、最大で約3,000億円にまで膨張することが明らかになり、大幅にコストダウンした代替案が発表されるまでに至ったのでした。

建設費比較

建設費比較

東京都予算との比較

東京都予算との比較

新国立競技場は「ザハ・ハディドの呪い」? 過去のオリンピックと値段を比べてみた【データ】

デザインの修正案って、ザハじゃなくて、JSC(日本スポーツ振興センター)の修正なんですね。

それじゃ、まったくの別もんでしょ(笑)

こちらも参考になりますよ。未だに旧競技場の解体が進んでいないんですね・・・

そんな反対に対し、ザハはこのように述べています。

「東京の”国立”競技場という建物を外国人に作って欲しくないだけなんですよ。それなのに、妹島和世や伊東豊雄、槇文彦や磯崎新、隈研吾といった建築家全員が、海外で設計をしている」

「コンペで勝てなかったのは勝てなかった人自身の問題でしょう。あの場所にスタジアムを立てる案に反対なら、そもそもコンペに参加すべきじゃなかった」

「がっかりしています。私にはもうどうにもできないんです、デザインそっちのけで勝手に進めているんですもの」

 

住宅業界にもある、デザインそっちのけ

「私にはどうにもできないんです。デザインそっちのけで勝手にすすめているんですもの」という設計側の感覚って、住宅でもありますね。現場に行くと、勝手に施工側でやりやすいように変えられているとか(笑)

また、予算オーバーの設計も、意匠重視の建築家にはよくあることです(笑)

さて、競技場はどうなることやら・・・

話半分ネタですが、うまくいかないのは、徳川の怨念かもしれませんよ。

 

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。