2世が戦わなければいけない見えない壁

有名な建築家、黒川紀章氏の
事務所が民事再生を申請されました。

⇒ https://dtoac.com/blog/20141218/13018

昔から、
”絵画1代、音楽2代、味3代”
と言われています。

設計も絵画と同じだと、
思っていますので、

親のセンスを受け継ぐことは、
まずないですね(笑)

さらには、意匠設計って、

基本的なこと以上のノウハウが
ないと思っています。

つまり、最終的に行き着く先は、
センスになってしまいます。

センスは引き継ぐことが
出来ないですからね・・・

息子さんのコメントだと思いますが、

「ブランド力の低下はそこまで影響していない」

これめちゃくちゃ危ない考えですね。

自分自身が感じることと、
周りが感じていることには、
大きな差があるからです。

例えば、

・ライバルに追いぬかれそう。
⇒ 実際は、もう並ばれています。

・ライバルに並ばれた。
⇒ 実際は、もう越されています。

・ライバルに追い越された。
⇒ 実際は、届かぬところに行ってしまってます。

比べるのも失礼だとは思いますが、

親が先に成功している、
同じ2世として言わせてもらうなら、

”親がすごいから、
今いる環境がすごいから、
だから、自分もすごいんだ・・・”

これ、完全な勘違いですからね(笑)

2世はこういった見えない障壁と
戦わなければいけないのです。

・・・若干、私情が(苦笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。