古い住宅の耐震性不足データはあるが、今の住宅が実際の大地震でも耐えた事例はない!?

「平成12年5月以前の木造住宅の90%超の住宅が耐震性不足」など、古い建物が現在の耐震基準に沿っていないのは、よくあるデータですが、

現在の耐震基準が、本当に大地震に耐えているのか?という内容がわかるデータって無いんですよね・・・あるなら情報として知りたいですね。不謹慎ですが、事例がないからなのでしょうか?

それとも、データとして明確になると、耐震等級の必要がなくなるからだろうか?

基準法(等級1)で十分と思っている作り手側の方って結構多いですからね。データがその裏付けになると困る人がいる???

 

平成12年5月以前の木造住宅 90%超の住宅が耐震性不足
 ~「木造住宅の耐震性」に関する調査データのご提供~

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)では、耐震診断の結果を「調査データ」にまとめ、この度発表いたしました。
診断の対象としている“平成12年5月~昭和25年”の木造在来工法2階建て以下の住宅20,676棟を耐震診断した結果をみると、91.7%の住宅で耐震性が不足していることがわかります。
詳細は別紙にまとめていますので、ぜひお目通しください。

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

耐震診断結果(基本データ)

耐震診断結果(基本データ)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。