知らないからボラれる!住宅知識以外の知識が必要な理由

ホリエモンこと堀江貴文さんが、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」で、「ぼったくられない方法」と題し、アプリ開発の外注について注意を促しています。

この動画、アプリの話ですが、WEBサイトの制作についても同じことが言えます。

ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスが普及したことで、より手軽に制作を依頼できるようになった中で、どういったことに注意したらいいのか?

もちろん、コンサル系のサービスを依頼することについても同じです。仕事術として参考になるので、まずは動画をごらんください。

あなたも実は、ぼったくられてる? ホリエモンがアプリ開発の外注で失敗しない方法を教えます! 堀江貴文のQ&A vol.414〜ボラれない方法!?〜

まずは自分で知識を身に付ける

「雑誌のライターですが、アプリを作って雑誌のようなコンテンツを作っていきたいと思っています。しかし、私はプログラミングが全く出来ないので外注しようと考えているのですが、外注先が見つかりません。ネット検索や人づてに探していく以外、方法はないでしょうか?」

という質問に対して、堀江さんは、

「そんなもん自分で作るのが一番いいに決まっている。ライターだろうと何だろうと、プログラミングは覚えておいて損はない。無知の状態で探すから大変なだけで、ある程度プログラミングを理解した状態なら探すのは楽だと思うよ。もし、プログラミングを覚える気が無いなら、他でたくさん稼いで、ぼったくられるのを覚悟して外注すればいいんじゃないの」

と回答。

ホントそう思います。何事も、まずは自分でやってみることが重要ですよ。

まずは自分で経験することで、最低限必要な知識や技術、外注する金額の相場観も分かるようになるので、外注で失敗することも少なくなります。

現場だって、設計だって、誰かに依頼するのにも、それらの最低限必要な知識や技術がないと、上手くいかないのと同じことです。

会社名やブランドに左右されてはいけない

さらには、今回のゲスト「DMM.make AKIBA」の支配人である吉田賢造さんとの会話の中で、

  • 「ハードウェアでもソフトウェアでも仕様通りにあがってこないことがほとんど。ぼったくられることは多くある」
  • 「だからこそ、自分である程度のプログラミング知識を身につけておくことが大切になる。」
  • 「会社名やブランドに左右されてはいけない」
  • 「有名な会社は大体、下請けに出しているから依頼しないようにしている」

「有名な会社だから」「それなりの金額を出したから」だから大丈夫。という考えは捨てた方がいいですね。下請け任せってこともよくある話です。

住宅事業も、全てを自社内だけで完結できるわけではありませんので、できない部分は外部に発注する方がほとんどなはずです。

なので、その集客戦略を取り入れたいなら、自分もしくは責任者や担当者が、最低限の知識や技術を身に付けておくことが必要です。

インターネットを使って集客したいなら、最低限の、WEB知識やマーケティングのことは、勉強しておきましょう。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。