知らないからボラれる!住宅知識以外の知識が必要な理由

ホリエモンこと堀江貴文さんが、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」で、「ぼったくられない方法」と題し、アプリ開発の外注について注意を促しています。

この動画、アプリの話ですが、WEBサイトの制作についても同じことが言えます。

ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスが普及したことで、より手軽に制作を依頼できるようになった中で、どういったことに注意するべきなのか?

もちろん、コンサル系のサービスを依頼することについても同じです。仕事術として参考になるので、まずは動画をごらんください。

あなたも実は、ぼったくられてる? ホリエモンがアプリ開発の外注で失敗しない方法を教えます! 堀江貴文のQ&A vol.414〜ボラれない方法!?〜

まずは自分で知識を身に付ける

「雑誌のライターですが、アプリを作って雑誌のようなコンテンツを作っていきたいと思っています。しかし、私はプログラミングが全く出来ないので外注しようと考えているのですが、外注先が見つかりません。ネット検索や人づてに探していく以外、方法はないでしょうか?」

という質問に対して、堀江さんは、

「そんなもん自分で作るのが一番いいに決まっている。ライターだろうと何だろうと、プログラミングは覚えておいて損はない。無知の状態で探すから大変なだけで、ある程度プログラミングを理解した状態なら探すのは楽だと思うよ。もし、プログラミングを覚える気が無いなら、他でたくさん稼いで、ぼったくられるのを覚悟して外注すればいいんじゃないの」

と回答。

ホントそう思います。何事も、まずは自分でやってみることが重要ですよ。

まずは自分で経験することで、最低限必要な知識や技術、外注する金額の相場観も分かるようになるので、外注で失敗することも少なくなります。

現場だって、設計だって、誰かに依頼するのにも、それらの最低限必要な知識や技術がないと、上手くいかないのと同じことです。

会社名やブランドに左右されてはいけない

さらには、今回のゲスト「DMM.make AKIBA」の支配人である吉田賢造さんとの会話の中で、

  • 「ハードウェアでもソフトウェアでも仕様通りにあがってこないことがほとんど。ぼったくられることは多くある」
  • 「だからこそ、自分である程度のプログラミング知識を身につけておくことが大切になる。」
  • 「会社名やブランドに左右されてはいけない」
  • 「有名な会社は大体、下請けに出しているから依頼しないようにしている」

「有名な会社だから」「それなりの金額を出したから」だから大丈夫。という考えは捨てた方がいいですね。下請け任せってこともよくある話です。

 

住宅事業も、全てを自社内だけで完結できるわけではありませんので、できない部分は外部に発注する方がほとんどなはずです。

なので、その集客戦略を取り入れたいなら、自分もしくは責任者や担当者が、最低限の知識や技術を身に付けておくことが必要です。

インターネットを使って集客したいなら、最低限の、WEB知識やマーケティングのことは、勉強しておきましょう。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。