自分たちで居場所をつくれるなら新築住宅なんていらない!?

千葉県富津市金谷にあるKANAYA BASEという、まちの中心にある10年間放置されていた旧ホテル&フラワーハウスを、活動の場を求めているアーティストや、二拠点生活を試みたいクリエイターのための、シェアアトリエ&coworkingスペースがあるのですが、

自分たちで居場所をつくれるなら新築住宅なんていらない!?

KANAYA BASE

昨年の12月31日をもって営業を終了したようです。理由は老朽化とのこと・・・

代表の西田さんの挨拶 http://kanayabase.com/blog/daily/kbnishida/

 

KANAYA BASEの存在を知ったのは、2012年6月頃でした。

当時住んでいたシェアハウスのイベントで、KANAYA BASEの方がお話に来られたのがキッカケです。その時彼らは、クラウドファンディングで支援金を集めていた頃でしたので、そのプレゼンも兼ねてだったのでしょう。

自分たちで居場所をつくれるなら新築住宅なんていらない!?

第二の故郷で“つどう、つながる、つくる”シェアスペース KANAYA BASE

営業終了理由が老朽化というのもちょっと怪しいのですが(笑)

ビジネス的に上手くいくいかないというよりは、実は暮らし方に注目をしていました。

 

自分たちで自分たちの居場所をつくれるなら、新築住宅なんていらない

こういう暮らしを実際実現できる人達は、よくいっても全体の2割くらいの人達だと感じています。多くは憧れたり好感は持ったり応援したりするけど、実際に実践するのは・・・といった方がほとんどな気がします。もちろん、絶対やだって方もいます。

とはいえ、憧れや好感を持っていながら実践できない方たちでも、その感覚の片鱗は、住まいに反映されていくはずですよね。

また、自分たちで自分たちの居場所をつくるチカラがあるなら、新築住宅なんていらないんですよね。わざわざ借り入れギリギリまでの住宅ローンを抱えて、新しい家を建てなくたって、十分、自分たちの居場所がつくれるのです。

家をつくることにしても、自分たちの居場所をつくることの具現化・実体化に過ぎないのですから、自分たちで居場所をつくるチカラが備われば、理解してもらえない方にわざわざ頼むこともなくなるわけです。

いわゆる、中古住宅+DIYリノベーションで十分ってことです。

 

2015年、住まいのトレンド・キーワードが、「リノベパーティ」ってことを踏まえて、これからの暮らしを考えると、2000万円以内の住宅は、大きく動きがでてきそうです。

 

番外ですが、海外では家賃が無料になる取り組みだって出てきているわけですから、所得があまり高くない人向けの暮らしは、どんどん変わっていきますよ。

⇒ 家賃は無料、ただし執筆すれば 米デトロイトで野心的なプログラム

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。