学んで身に付けよう!1月13日・岡山で開催されるWEB集客無料セミナー

岡山でのWEB集客無料セミナー、来週に迫りました。実は、皆さんの前でお話するにあたり思うこともあって・・・

井内は住宅業界の経験もそこそこあるので、やはり自分の好きな家づくり像みたいなものがあるんですよ。

だから、ただ売れればいいとか、ノルマのためにやってるとか、施主とのコミュニティを求めてないとか、そういった不毛な家づくりに対しては、やはり気持ちが入らないんですよね。

なので、ノウハウも、施主目線というか、できるかぎり施主に寄り添うことを意識するようにしています。自分も「いつかは家を建てようかな」と思う”未来の施主”といったそんな意識も少しあります。

施主の目線や言葉が全てとは思わないけど、「住む・暮らす」ということを考えたら、むげにはできないですよね。

 

そんな想いで話しました、前回の大阪で行われたセミナーの感想がアップされています。ご覧ください。

http://maxline.co.jp/information_seminar/0113okamyama.html

大阪セミナー受講者の声

大阪セミナー受講者の声

岡山セミナー

岡山セミナー

学ぶということは素晴らしいことだと思います。その学んだことをさらに身につけるためには、どうすればいいのでしょうか?

 

学んだことを身につけるには?

セミナーに限らず、本を読んだり、誰かに教わったり、今の時代、情報を入手するのは、さほど難しくないのです。

でも不思議と、成果を出してる人と出してない人が出てくるんです。その理由とは?

 

成果が出ない理由その1・わかったつもりになっている。

「わかったつもりになってる」

これは、井内自身も注意していたりします。やはり、すぐわかったつもりになりがちです。

学んだ直後はわかっていても、それで満足してしまい、習得するまで実践しないという・・・

そうなってしまったら、実際にしようと思っても、なかなかできにくなるんです。

頭ではわかっていても、実践できないという・・・終いには忘れたり。

 

成果が出ない理由その2・行動していない。

「行動しなきゃ成果は出ない」

すごく当たり前のことなんですが、原因としては結構多いのです。

知らないことを知ることができるため、勉強しただけで満足して、また次の勉強をする。

または、ちょっとやってみたけど続けることができず、また次の勉強をする・・・

よく言われる、ノウハウコレクターという症状ですね。

 

 

ぜひ、学んで身に付けましょう。岡山セミナーのご参加お待ちしております。

http://maxline.co.jp/information_seminar/0113okamyama.html

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。