住宅比較サイトは増えるけど、比較されないことが重要!

引越し業者の比較まとめサイト・引越し侍の、テレビCM連動ウェブ限定ドラマ「引越しは突然に・・・」が、擬人化CMで面白いです。

ある日、クラベルはパートナーのエーシャとともに引越しの準備をしようと荷造りを始める。しかし、そこに突然…。
果たしてクラベルは、変わらずエーシャをパートナーとして選ぶのか、それとも…。
揺れ動く引越しストーリーが、今はじまる。

引越し業者の比較・予約サイトを運営する引越し侍は19日から、テレビCM「エーシャ」篇の放映を開始した。進学や就職、転勤などで引越しが増える繁忙期に合わせた展開で、テーマは「A社とB社を比べる幸せ」。優柔不断な男性が魅力的な女性たちの間で心が揺れる様子を幸せそうに描くことで、引越し業者が比較できるサービスを表現している。

引越し会社を恋人に置き換えたCM/引越し侍「エーシャ」篇

クラベル=比べる、エーシャ=A社、ビーシャ=B社、シーシャ=C社・・・(笑)

CMを作った引越し侍とは、200社以上の業者の中から最大10社まで無料で一括見積りしてくるサイトです。

住宅比較サイトは増えるけど、比較されないことが重要!

住宅比較サイトは増えるけど、比較されないことが重要!
ここ最近、いろいろな業界で、比較まとめサイトは増えましたね。結局のところ、大半が価格勝負な気がしますが(笑)

 

比較サイトに巻き込まれない方がいい!?

住宅業界においても、比較まとめサイトは増えてくると思われます。実際、スーモやホームズなどもそうですし、それ以外にもいくつか見受けられます。

結局のところ比較サイトは、比較されているわけですから、掲載料に加え、広告料やオプション料を払って上位表示しないと、なかなか効果が出なかったり。また、一目見て他社との違いを表現できるほど内容を作り込めないのが現状です。

比較サイトは一見便利なように見えますが、わざわざ比較される土壌に立たされているのですから、十分に価値を伝えられない限り、価格勝負になるのは目に見えています。住宅の場合は、どこも明確な金額は書いていないので、「とりあえず資料請求」という機能の便利さに振り回されることもしばしば・・・

競合他社と比較されて勝てるなら、ガンガン比較されてください(笑)

最も大事なのは「他社と比較されない場所で選ばれる」こと。

 

おまけ

擬人化CMで好きなのは、2007年カンヌ国際広告祭で金獅子賞を受賞したこのCM

今見てもすごく良いです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。