経営者目線・意識は無理でも施主目線はできる!

すっかり告知するのを
忘れていました・・・

12月1月を開催されました
大阪・岡山・福岡のセミナー、

3月10日(火)名古屋にて、
追加が決まりました。

⇒ http://maxline.co.jp/information_seminar/nagoya_150310.html

好評につきということで、
追加が決まったとのこと。
うれしいですね。

愛知県近辺の方は、
ぜひご参加くださいね。

その翌週、3月17日(火)は、名古屋での、
コミュニティ集客セミナーが控えています。

⇒ https://dtoac.com/comm/

どちらも募集期間が
1ヶ月を切りましたので、

検討されている方は、
お早めにお申込みくださいね。

上記のセミナー、それぞれ
話す内容は異なりますが、

どちらのセミナーも、
井内が大事にしているのは、
”施主目線”です。

井内は、工務店経営を
してきたわけではないので、

経営目線で話をすることは、
まずないです。

でも、考えてほしいのは、

住宅事業って、
一人親方や個人設計事務所を除けば、
ひとりでしていくものではないので、

スタッフ・従業員の力も
やはり必要なのです。

ですが、

スタッフ・従業員の多くは、

将来、経営者になるとか、
独立することを考えている
わけではないので、

経営者目線・経営者意識を
押し付けても、
正直なところ、難しいです・・・

でも・・・

施主目線(顧客目線)なら、
スタッフ・従業員でも、
取り入れることができますよね。

・・・というか、なきゃダメでしょ(笑)

だから、井内がお伝えする
スキルやノウハウも、

施主目線を交えて、
お伝えしていきます。

なので、

今後も住宅の仕事に携わろうと
思っている方には、
ぜひお会いしたいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。