「職人の手」を伝えると、家づくりの魅力も更に増す!

仙台・宮城の手しごとを伝えるメディア「手とてとテ」が制作した映像に、すごく見入ってしまいます。ものづくりの映像ですが、職人の手がいい感じに表現されていますよ。

完成されたモノに焦点を当てると、職人の手さばきなんて見えてこないのですが、製作されるまでの途中に、どれだけの手が加わっているのかが目に見えてくると、愛着が湧くというか興味深くなりますね。

真面目にしっかりと手を掛けている様子は、目に見えるカタチにしていきましょう。写真よりも動きのある動画の方が、上手く表現できますよ。

 

遠刈田系こけし/仙台木地製作所

 

【堤焼】 豊かな山野、その中で。

 

鳴子系こけし/こけしの岡仁

 

【仙台箪笥】 箪笥一棹にこもる技と心。

 

【堤人形】一筆一筆に生涯を捧げる。

 

とこのま展・第2弾「KOKESHI ! My Life」

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。