平凡な営業マン2人で年間20棟契約できるその理由とは?

注文住宅営業マンの平均受注棟数は、年間4~5棟と言われています。

そんな中、

営業マン2人で、年間20棟も注文住宅を契約している工務店があります。
しかも、ここ何年も続いています。

その営業マン、お世辞にも営業スキルが高いわけではありません。ごくごく平凡です。

 

もちろん集客のために、

デザインだったり、自然素材だったり、それなりに押さえるところは、押さえているのですが、

彼ら曰く、もっとも効果的なのは、

「コミュニティ」

だと言っています。

 

小規模で低予算からでも始められる、コミュニティ集客、

その手法を体系化し、セミナーでお話します。

comtitle

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。