4月21日の「スマホ対応」ターニングポイント、グーグルの答えは?

先日、4月21日を皮切りに、WEBサイトがモバイル対応しているかどうかを、ランキング要素として使用するということで、

住宅サイトのスマホ対応は4月21日がターニングポイント

という記事を書きましたが、
Googleの方が発表の当日に、動画でも配信したようですね。

英語なので、何を言っているかわかりませんが(笑)日本語で訳されているサイトがありますので、引用させていただきます。

「スマホ対応」アルゴリズム更新の疑問にGoogle社員が答えた

 

モバイルフレンドリー アルゴリズム Q&A

Q: サイトがモバイル対応していなかったとしたら何をすればいいか?

モバイル対応したサイトを作る。

Q: モバイル検索にだけ影響するのか?

スマートフォンユーザー(モバイル検索)だけに影響する。

スマートフォンがまったく重要でないと完全に言い切れるなら対応する必要はない。
でも長い目で見れば必要になるだろう。

自分が知る限りでは、PCからの検索には影響しない。

Q: どんなふうに実施するのか?

モバイル対応に意識を向けられるように実施日を予告した。
4月21日ちょうどに実施しないこともありうる。
実際にはっきりと目に見えるようになるまでには時間がかかると予想する。

Q: どんな変動があるのか?

モバイル対応していないからといって、検索結果から削除したりはしない。
モバイル対応していなくても、スマートフォンで表示することができて関連性があるなら検索結果に表示する。

モバイル対応しているサイトを上位に表示しようとすることが目的。
結果としてモバイル対応していないサイトは順位が下がる。

Q: モバイル検索とPCからの検索では結果が大きく違ってくるのか?

今回のアルゴリズム変更はモバイル検索だけに影響する。
PCからの検索にモバイル対応しているかどうかを加味しても意味がない。
大きく違ってくることも想像できる。

Q: モバイル対応していないサイトの評価を下げるのか? それともモバイル対応しているサイトの評価を上げるのか?

どちらの方策をとったのか私にはわからない。
でも本質的には同じこと。
片方が上がれば片方は下がるし、片方が下がれば片方は上がるのだから、結果的には同じ結果になる。

Q: ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティレポートの項目がアルゴリズムの対象になるのか?

同調させていると思う。
だが時間とともに調整してくと予想する。
新しい要素を追加するかもしれないし、厳しすぎるものは取り去るかもしれない。

モバイフレンドリーテストと一致している。
もし万が一基準を大きく変えたとしたらツールに追加する。

Q: Flashやviewport、フォントサイズなどいくつかの要素があるなかで、特に重視される(影響度が大きい)要素はあるか?

特にどれが重要でどれがそれほど重要でないと言うことはしない。
ユーザーにとって大切なことをすべてやるべき。

Q: 「白」か「黒」か(モバイフレンドリーなのかモバイフレンドリーでないのかの2択)で評価するのか? それともモバイフレンドリーの要素をどの程度満たしているかを点数を付けて評価するのか?

わからない。
この場では何も言えない。

どちらにすべきかの議論があったはず。
たとえば、フォントが大きいから半分だけ評価を上げようということもできる。

両方の側での議論があったと思うが、最終的に本当にどうなったかはわからない。
将来的に変わることもあると予想する。

以上です。

検索結果への反映は、あくまでモバイル検索への反映のようですね。
例えば、スマホで検索したら、スマホ対応のサイトが上位に表示されやすくなるということです。

なので、パソコンからの検索には影響はないようです。

また、4月21日もあくまで予定とのこと。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。