4月21日の「スマホ対応」ターニングポイント、グーグルの答えは?

先日、4月21日を皮切りに、WEBサイトがモバイル対応しているかどうかを、ランキング要素として使用するということで、

住宅サイトのスマホ対応は4月21日がターニングポイント

という記事を書きましたが、
Googleの方が発表の当日に、動画でも配信したようですね。

英語なので、何を言っているかわかりませんが(笑)日本語で訳されているサイトがありますので、引用させていただきます。

「スマホ対応」アルゴリズム更新の疑問にGoogle社員が答えた

 

モバイルフレンドリー アルゴリズム Q&A

Q: サイトがモバイル対応していなかったとしたら何をすればいいか?

モバイル対応したサイトを作る。

Q: モバイル検索にだけ影響するのか?

スマートフォンユーザー(モバイル検索)だけに影響する。

スマートフォンがまったく重要でないと完全に言い切れるなら対応する必要はない。
でも長い目で見れば必要になるだろう。

自分が知る限りでは、PCからの検索には影響しない。

Q: どんなふうに実施するのか?

モバイル対応に意識を向けられるように実施日を予告した。
4月21日ちょうどに実施しないこともありうる。
実際にはっきりと目に見えるようになるまでには時間がかかると予想する。

Q: どんな変動があるのか?

モバイル対応していないからといって、検索結果から削除したりはしない。
モバイル対応していなくても、スマートフォンで表示することができて関連性があるなら検索結果に表示する。

モバイル対応しているサイトを上位に表示しようとすることが目的。
結果としてモバイル対応していないサイトは順位が下がる。

Q: モバイル検索とPCからの検索では結果が大きく違ってくるのか?

今回のアルゴリズム変更はモバイル検索だけに影響する。
PCからの検索にモバイル対応しているかどうかを加味しても意味がない。
大きく違ってくることも想像できる。

Q: モバイル対応していないサイトの評価を下げるのか? それともモバイル対応しているサイトの評価を上げるのか?

どちらの方策をとったのか私にはわからない。
でも本質的には同じこと。
片方が上がれば片方は下がるし、片方が下がれば片方は上がるのだから、結果的には同じ結果になる。

Q: ウェブマスターツールのモバイルユーザビリティレポートの項目がアルゴリズムの対象になるのか?

同調させていると思う。
だが時間とともに調整してくと予想する。
新しい要素を追加するかもしれないし、厳しすぎるものは取り去るかもしれない。

モバイフレンドリーテストと一致している。
もし万が一基準を大きく変えたとしたらツールに追加する。

Q: Flashやviewport、フォントサイズなどいくつかの要素があるなかで、特に重視される(影響度が大きい)要素はあるか?

特にどれが重要でどれがそれほど重要でないと言うことはしない。
ユーザーにとって大切なことをすべてやるべき。

Q: 「白」か「黒」か(モバイフレンドリーなのかモバイフレンドリーでないのかの2択)で評価するのか? それともモバイフレンドリーの要素をどの程度満たしているかを点数を付けて評価するのか?

わからない。
この場では何も言えない。

どちらにすべきかの議論があったはず。
たとえば、フォントが大きいから半分だけ評価を上げようということもできる。

両方の側での議論があったと思うが、最終的に本当にどうなったかはわからない。
将来的に変わることもあると予想する。

以上です。

検索結果への反映は、あくまでモバイル検索への反映のようですね。
例えば、スマホで検索したら、スマホ対応のサイトが上位に表示されやすくなるということです。

なので、パソコンからの検索には影響はないようです。

また、4月21日もあくまで予定とのこと。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。