専門店?コンビニ?二極化する家づくり

先日放送されたフジテレビ系『教訓のススメSP』で、ダウンタウンの松本さんが、
「テレビって何ですか?」という質問に対して、こんな風に答えていました。

「テレビって何ですか?」

  • テレビは二極化している。1個は専門店。ダウンダウンはお笑いの専門店。
  • お笑いの専門店になっちゃった。笑いを面白いことを追求してきたから、ダウンタウンは専門店になっちゃった。
  • おばちゃんとか普通の人は、「ダウンタウンの番組って専門店でしょ」ってことで観ない。
  • 今のテレビの人達が求めてるのはコンビニ。あれもあるしこれもあるし。
  • 何か目的ないけど、「行ったら何か置いてある」っていうコンビニ。この2つ。
  • 確実に言えることは、専門店がなくなったら、コンビニもなくなる。近い将来。
  • だから、コンビニと専門店のバランスを保たないとテレビはいけない。
  • ダウンタウンは今さらコンビニにはなれない。専門店をまっとうするしかない。
  • マツコ・デラックスや坂上さんはコンビニを全うしていったらいい。
専門店?コンビニ?二極化する家づくり

専門店とコンビニという表現

”専門店”と”コンビニ”という二極化、どの業界でも浸透してきている気がします。やはり、こだわる人は、専門店に行きますよね。

住宅で言うなら、

  • そこまで棟数はこなさないけど、専門的で方向性がわかりやすい。
  • それなりに棟数をこなしていて、とりあえずひと通りできて、当り障りがない。

この二極化でしょうか。逆にこれから外れると、よっぽど優れてない限り、難しい気がします。だから、小さな会社こそ、

以前書いた、「多様なニーズに答えることが良い家づくり」という勘違いを捨てよう!という記事の工務店のように、専門店になるべきですね。直感的なことですが、住宅の場合、年間20棟ぐらいまでだと、専門店で十分だと感じています。

逆に、何でもできるというスタンスは、競合と当たった時、専門的チカラで勝てないと、結局、割安感などの価格勝負になってきますからね(笑)

専門店にも落とし穴がある!

専門店が、普通の人を取り込もうと思ったら、その専門的な魅力を、わかりやすく伝えるチカラは必要です。

ほとんどの場合、専門的になりすぎてしまうと、特長ばかり伝え、小難しくなるのがオチです。学者や大学の教授が、小難しく話をしているのがいい例です(笑)

「わからないなら別にいい」と足切りするか、わかるように伝えるかは、別れどころになりますね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。