もしも、建物が話せたら何を語るだろう?

「もしも、建物が話せたら何を語るだろう?」というテーマに、6人の監督それぞれが、思い入れのある建築物を取り上げた建築系のドキュメンタリー作品『もしも建物が話せたら』が、WOWOWで、5月16日と5月23日の2週に渡り放送されます。

世界の名監督6人が描く6つのストーリー

もしも建物が会話できたらどんなことを話すのだろう?建物は文化を反映しており、社会を映し出す鏡でもある。一昔前、欧米ではその街を代表する建物は教会であり、教会を見る事によってその街の文化も人々の暮らしも垣間見えた。現代におけるその街を象徴する建物とは?それぞれの街で人々と思い出を共有する“思いの詰まった文化的建物のストーリー”をぜひ伝えたい。

取り上げられている建築物は、

  • ベルリン・フィルハーモニー(ドイツ・ベルリン)
  • ロシア国立図書館(ロシア・サンクトペテルブルク)
  • ハルデン刑務所(ノルウェー・ハルデン)
  • ソーク研究所(アメリカ・サンディエゴ)
  • オスロ・オペラハウス(ノルウェー・オスロ)
  • ポンピドゥー・センター(フランス・パリ)

ちなみにこの作品、第27回東京国際映画祭にも特別招待作品として公開されています。

 

もしも住宅が話せたら、何を語るだろう?

「もしも、建物が話せたら何を語るだろう?」は、住宅バージョンで考えても面白そうですね。

設計が悪く、間崩れおこしてて「なんだかカタチが悪いんだよ」とか、施工不良で、「くっついってねーよ」「漏れてんじゃん」とか、外構できてなくて、「オシャレしたいなぁ」とか、散々言われる住宅も多そうです(笑)

程よい手入れで上手く暮らしてくれて、「いい家になってきたでしょ」とか、隣の家を見て、「お前んとこいいよなぁ。手を掛けてもらえて」と羨ましがられたりして(笑)

映像内で、

「空間には性格がある。その性格によって、人はそこで生活や生活や勉強をする気を起こす。」

と語られていますが、その性格はまずは作り手によって、生み出されますからね。その後は住まい手によって変わっていきます。

・・・という風に考えたら、「家を育てる」って考え方も浸透しやすいのでしょうかね???

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。