強みもターゲットもわからぬまま集客しても効果はない!

2011年8月、ヤマダ電機が中堅ハウスメーカー「エス・バイ・エル」を買収し、住宅事業に参入してきたのは、住宅業界内でもニュースになりました。

省エネ性能の高いエアコンやテレビなどの家電製品、家庭向けの発電・蓄電装置、電気自動車(EV)を組み合わせた住宅を提案していくということでしたが・・・

肝心の住宅は売れてないようですね。

ヤマダ・エスバイエルホーム

ヤマダ・エスバイエルホーム

家電量販業界の巨人、ヤマダ電機。郊外型の「テックランド」、都市型の大規模店「LABI」のほか、傘下のベスト電器やマツヤデンキなどを含めて、グループ全体で国内に約4400店のネットワークと売り上げ約1.7兆円(2015年3月期見込み)を誇る圧倒的な存在だ。

そのヤマダ電機グループを持ってしても、さっぱり振るわないビジネスがある。住宅事業である。

<中略>

2013年12月に設立した「ヤマダ・ウッドハウス」という住宅子会社の事業拡大計画にも疑問符が付く。1坪(3.3平方メートル)あたり「28.8万円~」というローコスト住宅を供給し、今後、毎年30店舗を増やすとしている。今後5年で売上高1140億円を目指すというが、ヤマダ・ウッドハウスの2014年度売上高は約5億円に過ぎない

ぱっと見、業界目線でいくと、住宅という箱ものだけでなく、家電や車まで提供できることは、凄い強みと思われがちですが・・・

結果論にはなりますが、こういうことに、お客さんはたいして魅力や価値を感じていなかったということです。

強みもターゲット層もわからない・・・

「ヤマダS×L」の強みって何でしょうか?他のハウスメーカーと比べて、何が違うのでしょうか?
また、ローコスト住宅を提供している「ヤマダ・ウッドハウス」の強みって何でしょうか?他のローコスト住宅を比べて、何が違うのでしょうか?

正直、ホームページ見ても、伝わってこないんですよね(笑)

元々、エス・バイ・エルは、デザイン性や耐久性に優れた商品力に定評があったと言われていますが、デザインも悪くはないだけで特別素晴らしいわけではなかったですし、耐久性ってどこも同じようなこと言ってるわけで・・・

家電といってもオリジナル商品ではなく、量販店ですから、家電とセットというイメージもたいして他社と差がないですよね・・・

強みもわからずターゲット層も不明確まま、チラシを3000万部打ったところでたいした効果がでないのは、結果として当然ですよね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。