これからの家づくりに必要な、5%に気に入られるコンセプトと95%に嫌われても気にしないメンタルの強さ

「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、雑貨類、CD・DVD類を陳列して販売しているヴィレッジヴァンガードというお店。そのお店の雰囲気は独特なため、好き嫌いが分かれるのですが、好きな人は凄い好きなんですよね。

top_main

そのヴィレッジヴァンガード 営業企画部リーダーが書かれた、たった5%のお客様へ向けて、気に入られるお店であろうという記事が面白いです。

95%の人に嫌われる店 5%の人に気に入られる店|AdverTimes

東京のある店舗で働いていたとき、テナントビルへの入館者数やほかのテナント様の売上も見ることができた。その時そこで見た数字は、今も心に留めている。

そこで見た数字は、ヴィレヴァンへの入店率5%。95%は素通りという事実だった。

こちらを向いてくれている5%の方が、店内で夢中になってくれる満足してもらえるお店を目指し、それにより、95%の方に満足されなくても構わないという方針です。

まさに「嫌われる勇気」ですよね。この辺は、過去記事でも取り上げています。

これが、5%ではなく50%に気に入られようとすると、当り障りのない内容になり、訴求力が薄まるわけです。

大手のように資本で価格勝負できるなら、それでも構わないですが、小さな会社であればあるほど、それでは残れないですよね。

 

コンセプトというフィルターを通した情報発信

モノもただ置いておくだけではなく、雑誌の記事のように、俺らのフィルターを通して、より価値のあるモノに感じさせる工夫をしよう。

この言葉もいいですね。

支持してくれる5%のために、顧客心理を理解し、掘り返して、共感してもらえるよう、数ある情報を”自分たち(コンセプト)”を通して、オリジナルな情報として提供していくわけです。

このサイトも同じなようなもので、”井内智哉”というフィルターと通して、住宅の集客のヒントになる情報を提供しているわけなのです。

 

考え方が合わない=嫌われる

何か迷惑なことをされたり、損害を受けたりしたなら、嫌われるのも当然ですが、よくあるのが、意見や考え方が違うだけで嫌いというもの。

でもそれって、上記の95%の範囲内なんだと思っています。だから、相手しなくていいんですよ(笑)そういう相手をふるい落とすためにも情報発信は必要だったりします。

これからの家づくりに必要なのは、

  • 5%に気に入られるコンセプト
  • 95%に嫌われても気にしないメンタルの強さ

ですね。
 

 

この記事を書いていたら、建築家の谷尻誠さんのTwitterにこんなのが!

道中のやり取りはわかりませんが、意見や考え方の違いによるディスりでしょうか???谷尻さんの返しを見ていると、95%に嫌われても気にしないメンタルの強さですね。

今やネットで簡単にディスられる時代です。上手く受け流すか、メンタルが弱い方は無視しましょう(笑)

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】選ばれる家づくりを実現しませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

 

工務店経営者にしか実行できない注文住宅10棟を超えるための最低条件(概要編)

2019年9月7日

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。