ライバルという存在が集客のネタになる!?

以前、コカコーラ対ペプシの比較広告の記事「ライバル住宅会社との比較広告、出してみる?」を書いたことがありますが、このライバル比較の仕方も面白いですよ。

東京六大学野球の”早稲田”対”慶応”のポスターです。ネットで結構話題になっています。

「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶應さん」 「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」

ライバルという存在が集客のネタになる!?

「ビリギャルって言葉がお似合いよ」 早慶戦ポスター、どうしてこうなった?|The Huffington Post

上記のチアリーディング部の他に、リーダー部、野球部、吹奏楽部、マスコットキャラの計5種類あります。早稲田と慶応といえば、永遠のライバルみたいな関係性で、その背景があるから、今回のポスターも画になっていますね。

予算はほとんどなく、自費もあわせ、撮影代、印刷代の5万円とのこと。アイデアで勝負です。

やはり、お互いに切磋琢磨できる、いいライバル関係が築ける相手がいると、自然と目立ちますね。

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。