工務店に必要な”集客ゼネラリスト”を目指そう!

この記事、面白いですね。「ホームページやチラシを作れる人がほしい」という建築関連会社の社長から求人リクエストを例に、中小企業の経営者が、採用条件を欲張る理由が取り上げられています。

Webもチラシもぱぱっとお願い! 経営者の無知と本音とリスク|Web担

ある建築関連会社の社長から相談を受けます。中小企業では珍しくないリクエスト。どちらもパソコンで作るイメージから、同じようなものだと考える非IT系の経営者は少数派ではありません。

中小企業の経営者が、採用条件を欲張る理由は慢性的な人材不足です。「人手」はあっても、技能を持った「人材」が不足しているのです。だから「新人」に複数の職能を期待し、募集要項に「希望」が並びます。それは絶対条件ではなく、少しでも多く該当すれば「ラッキー」というのが本音です。中小企業では、オールラウンダーが求められる傾向が強いのです。

建築系は、特に専門性が強いので、「これしかできない」という方は多いですね。
でも、これからの時代はそれではマズいですよ。

特に、集客関係は学校で学んでこないですから、どこかで身に付けなければなりません。

 

工務店に必要とされるのは、集客ゼネラリスト

大手だと集客のことは、外注先の広告代理店が代わりにあれこれしてくれるでしょうが、
中小企業では、そこまでの費用を掛けられる会社は、少ないですよね。

だからこそ、社内でできる人=オールラウンダー=ゼネラリストが、求められる傾向が強いのです。
ゼネラリストが一人いるだけで、かなり状況が変わります。

※ゼネラリスト=いろいろな分野の知識や能力をもっている人。

簡単なことは自社でやって、複雑でどうしても必要なことは外注するというパターンですね。
外注するにも、基本的なスキルや知識があるとないとでは、出来上がりが全然変わってきますよ。

20150529

設計や施工など技術職の場合、専門的にスペシャリストを目指してもいいですし、
セールス力やプレゼン力など、複数のスキルを身に付けても良いと思います。

ですが、中小工務店の集客に関わっていくなら、間違いなくゼネラリストがいいです。
集客方法の一分野しかできないスペシャリストはいらないですよ。

なぜなら、異業種で上手くいったどんな集客方法も、
衝動買いできない一生に一度という住宅の前では、効果が半減します。

だから、ひとつだけでなく複数のアプローチが求められるのです。
(天才的に群を抜いているスペシャリストなら別ですが…)

 

集客ゼネラリストに必要なスキルとは?

集客ゼネラリストに、最低限持っててほしいスキルを挙げると・・・

例えば、ネットに関するスキルや知識なら、

  • WordPress
  • HTMLタグ
  • サーバーやドメイン管理
  • アクセス解析(Google Analytics)

など、この辺りのスキルがあれば、

  • WEBサイトの制作
  • メールアドレスの取得

などができますね。

 

文章を書くスキルがあれば、

  • ブログ
  • メルマガ

などができます。

 

その他には、

  • イラストレーター(もしくは同等の代替ツール)
  • フォトショップ(もしくは同等の代替ツール)
  • 写真撮影

など、この辺りのスキルがあれば、

  • チラシ制作
  • ニュースレター制作
  • カタログや名刺などの販促物の制作

などができますね。

その他、細かいことを挙げれば、動画のスキルや、ネット広告、
さらには、住宅の知識や、施主を取材できるスキルなどもあるといいですね。

「これ全部できる人、いないだろ?」と思われがちですが、
実際に出来る人いますから、できないなんてことはありません。

 

スキルを身に付けて、それからマーケティングを学ぶ

ある一定のスキルが身についたら、次はマーケティングを学ぶべきですね。
スキルだけでは、ただ作るだけになるので、集客に結びつくものができあがりません。

WEBサイトも、チラシもただつくるだけでは効果がでない時代です。
ブログやメルマガもただ書くだけでは・・・写真や動画もただ撮るだけでは、効果がでません。

スキルがあって、そこにマーケティング力が加わるから、効果的なことができるのです。
スキルなしでマーケティングを身に付けても、ただの頭でかっちになるだけですよ(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。