スマホの普及によるスキマ時間にどう割り込んでいくか?

スマホが接触時間の長いアイテムだから、住宅の集客にも活かすことができる!というヒントを、ちょくちょく書いています。

以前も、

ということで、スマホ×集客をテーマに取り上げてました。

スマホをちょっと空いた時間に使うことによって、今まで活用できなかった時間を活用することができるわけですから、そこにどのようにアプローチすべきなのかが、集客への鍵を握ってますね。

time

スマホの普及によるスキマ時間にどう割り込んでいくか?

 

スマホによって、スキマ時間に価値が生まれた!

東洋経済オンラインで特集されている、堀江貴文さんと、YoutuberのHIKAKINさんとの対談内に、スキマ時間についてのヒントがありますね。

「スキマ時間」を制する最強コンテンツとは?|東洋経済オンライン

HIKAKIN:僕も動画を作る時には3分とか短い時間を意識しています。逆にゲーム実況など20分尺ぐらいのものは、子どもたちが家に帰ってから見ると想定していて、アップロードする時間帯も気にしていますね。

堀江:僕は、世界でも有数のスキマ時間を活用している人間だと思っています。あえて最先端の状況に自分を追い込むことで、これから何が起きるのかがわかる。そんな僕が感じているのは、今後はテキストベースのコミュニケーションツールに最適化していくだろうな、ということ。スキマ時間に長い動画を見る、とはならない。

スマホ革命で、これまで使われていなかったスキマ時間を活かせると話されています。

今まで活用できていなかったスキマ時間を、スマホで活用できるようになり、価値を持つようになったため、スキマ時間に見られるコンテンツが鍵を握るということです。

話の中では、発信するコンテンツの形式は、

  • 動画を作る時には3分とか短い時間
  • テキストベースが最適

というヒントが出てきています。他には画像も挙げられますね。

スキマ時間というと、電車の中、待ち時間、トイレ、休憩時間など、様々な状況が予測されますが、スキマ時間ですから、「短く伝える」というのがキーワードになりそうですね。

 

スキマ時間で見るなら、”見出し”や”まとめ”のわかりやすさが鍵!

とはいえ、ホームページ自体を「短く伝える」ようにしてしまうと、文章量も減ってしまうため、サイト自体が検索に対して、弱くなると考えられますので、

「短く伝える」のは、ブログやメルマガですね。
見出しを使ったり、まとめてわかりやすくすることは大事です。

だから、だらだら長く書いていて、色んな文字色が使われていて、結局何が伝えたいのかよくわからないという、まとまりのない読みにくいブログやメルマガは止めましょう。

学校の勉強にも似ているかもしれません。黒板や教科書に書かれたこと全部ノートに書き写して、色々なペンを使って線を引いてる感覚です。こういうのって、身に付かないし、他人が読んでもわかりにくいんですよね(笑)

書くこと、書き続けることも大事ですが、もっと大事なのは「伝える」ことです。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




追伸:工務店経営者の方にお知らせです。
参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。