住宅のコンセプトは、家ではなく場をつくることで表現される!

最近、単なる「家」から、「暮らし」という視点を持って、家づくりを行う会社も増えてきました。

コストなどを優先して考えると、家だけを考えて合理的につくるほうが、間違いなく楽です。ですが、合理さだけが正解ではないですし、また、家を建てるだけが正解でもないです。ましてや、顧客を操るように集客できる時代でもないですよね。

だからこそ、「暮らし」という視点は、関係性をつくることの第一歩だと思いますし、
これからの家づくりは、関係性を軸にすることが問われていく時代になってきています。

 

関係性をつくるには、つながり続けるための「場」をつくる

関係性をつくるには、顧客とつながり続けるための「場」を、つくれるかどうかが大きく影響してきます。コミュニケーション力などのテクニック的なことも大事ですが、自然とつながりがつくれるような場があると、やはり心強いです。

さらには、「場」は、集客も兼ねますし、その会社の「コンセプト」を伝える機能としても働きます。

WEBサイトやカタログなどにコンセプトを載せることに加え、「場」そのものでも表現していくことが、その会社のコンセプトを、より伝わりやすくしてくれるのです。

住宅においての場とは、

  • モデルハウス
  • ショールーム
  • 施主の家
  • 現場

などです。WEBやカタログ上では、何とでも言えるコンセプトも、リアルな場ではメッキは剥がれますからね。

ですが、ただモデルハウスやショールームをつくっただけでは、そんな関係性も生まれないのです。

 

場をつくり、お客さんと共同の記憶を作っていく!

以前、サッカー番組「FOOT×BRAIN」のスタジアム特集の時、お客さんと共同の記憶(コメモレーション)を作っていくことが必要だという話をされていました。

ひとつの場を通じで、いかにお客さんと同じ記憶を作っていくかが、関係性をつくる鍵になるというお話です。

com

同じ記憶を一緒に作ることで、関係性をつくりやすくなるわけですから、

住宅なら、モデルハウスやショールーム、そして施主の家で、お客さんとどういった共同の記憶を刻んでいくのかが必要ですし、そして、モデルハウスやショールームに関しては、お客さんの居場所をつくることも必要ですね。

会社のコンセプトは、家ではなく場をつくることで表現されていく時代ですから、

「どんな家を建てているの?」という問いだけでなく
「どんな場をつくっているのか?」も問われる時代になってきていますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。