家に対する子どもの本能を親は感じ取れるだろうか?

トヨタが父の日向けに公開したこの動画、高評価ですごく話題になっていますね。衝突回避システムのCMになりますが、父親・娘のストーリーでそれぞれの視点から描き出された感動を誘う上手い演出です。

父の日に、世界中の親子へ贈る物語。父の目と、娘の目。クルマを舞台に繰り広げられる­­人生の軌跡を、2つの視点から描き出した新感覚ダブルサイド・ストーリー。その眼差­し­に映し出される、本当の想いとは・・・

衝突回避システムの話はまったくないですが、ストーリーを通じて、その重要さを最後にさり気なく伝えています。

親の心子知らず、子の心親知らず。やはり、世代や立場が変われば、同じ時間・同じ状況でも見ている視点は違うんですよね。

家づくりでも、親と子でも違いは出てくるわけです。

子供が家を考えたら、建てなくていいという答えも出てくる

以前、こんなケースがありました。

夫婦が間取りのことで軽くもめ、悶々とした日々が続いてると、その様子を4歳のお子さんが感じ取り、こんなことを言ったそうです。
「家建てるのにケンカするんだったら、建てなきゃいいでしょ!狭くてもみんなが一緒にいれるなら、今のままでいいよ!」と・・・

子どもは、家の本質を、本能的に感じ取っているのかもしれませんね。

親は「子供のため」と言って、家を建てることが多いですが、子どもがガンガン自己主張するわけではないので、親の自己満足になりやすいのは否めませんね。子供部屋なんてまさにそう、「子供部屋は◯帖なきゃダメ」なんて誰が決めたんでしょう(苦笑)

子供部屋はこれ!という正解なんてないんですよ。不正解はたくさんありそうですが(笑)

昔、尾木ママこと尾木直樹さんが「子供部屋は居心地を悪くした方がいい」ということを言ってた気がしますが、居心地の悪い空間をつくるぐらいなら、初めからない方がいいですね。

個人的には、子どもが住みながら成長する中、自分自身で自分の空間を作っていく・決めていける状況にしてあげることの方が大事な気がします。
個室が欲しいのか欲しくないのか、壁がいるのかいらないのか、仕切るのは壁なのか何なのか、そういったことを自分で考えられるよう、自分で人(家族)との距離や物との距離を決めていけるチカラを付けさせる。暮らし方の可変性と、間取りの可変性ですね。そんな可変性のある家を、子育てと設計とで作っていく必要があると思っています。

「部屋は最初に作らないと、後からでは作れない」なんて、作り手側の都合の良い先入観ですから(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


なぜ、財務に強い経営でお金が回る仕組みが必要なのか?

工務店経営者に「一番の悩みは何ですか?」と問うと、上手くいってる会社も上手くいってない会社も、「集客」と答えてしまいます。いち早く改善すべき問題や課題は、本当に「集客」なのでしょうか?

例えば、「顧客を得るたびに利益を失っている」とか、「顧客を得るためのコストが非常に高い」など、こういった状況で、広告宣伝費に投入し集客したとしても、無駄使いとなってしまいます。

つまり、経営が健全でない状態のまま投資をするということは、成長や利益を得ることに対して投資効率が悪いということなのです。だからこそ、事業に大きく投資する前に、たとえ今赤字であっても、お金が回る健全な経営にしておく必要があるのです。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。