業界の一歩先半歩先を進むための考え方

建築家によるトークで、
久々に良い内容を拝見しました。

——————————————–
太刀川英輔さん、谷尻誠さん、
林厚見さん、猪熊純さんが語った、
”建築の輪郭”から見えるこれからの建築
⇒ https://dtoac.com/blog/20150621/17865
——————————————–

谷尻さん、猪熊さんの記事は、
他でもよく見かけますが、
言ってることが、わかりやすいです。

”建築じゃないことを考えることで、
建築ができるようになる。”

建築に限らず、この感覚が備わると、
一歩先半歩先に進められます。

逆に、イマイチだなと思う瞬間って、
たいてい内側で、
ゴニョゴニョしている感じです(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。