「時短」がキーワード?気持ちにゆとりのある暮らしを求める世代

平均所得が少なくなれば、必然的に共働き世帯が増えていきます。すると、子育てや家事に掛ける時間も少なくなりますよね。ましてや、核家族なら尚更です。そのため、時間を有効に使いたいと思い、最近では、多くの方が「時短」を求めています。

その辺り、クックパッドのアンケートで浮き彫りになっていますよ。

クックパッド、時短に関するアンケートを実施

クックパッド株式会社は、2015年5月26日(火)〜5月29日(金)の期間において、クックパッドユーザー2,837名(女性2,515名、男性322名)を対象に、時短に関するアンケートを実施しました。

「時短」がキーワード?気持ちにゆとりのある暮らしを求める世代

あなたが「時短したい」と思う家事を教えてください

「時短」がキーワード?気持ちにゆとりのある暮らしを求める世代

時短が必要な理由について、当てはまるものがあれば教えてください

時短することで「気持ちにゆとりのある暮らし」を手に入れたいという方が7割近いです。また、単純に時間の短縮だけでなく、心にもゆとりのある暮らしがしたいというのは、集客のヒントになりますね。

ただ単に時間だけの短縮なら、技術の進歩により、どんどんアイテムは出てきていますから、そういったものを上手く使えばいいです。例えばルンバとか・・・(また新しいのがでます(笑))

ゆとりがないというのは、時間の問題だけでなく、家を上手く使いこなせていない(自分のものにしていない)のも原因のひとつだと思っています。

だから、単純に広いスペースがあればいいというものでもなく、「家の中での時間をどのように有効的に使うか?」などの提案で、暮らしに対する”ゆとり”を引き出していくべきですね。

・・・宣伝広告も「時短」がキーワードになってくるかも!?


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。