住宅のオンライン販売に足りない「家づくりのプロセス」

総合オンラインストア大手のアマゾンが、リフォームに参入してきましたね。施工というわけではなく、積水やダイワと組んで、システムキッチン、トイレ、洗面台やハウスクリーニングなどを扱­うサイトの開設です。商品ごとの代金と交換や取り付けに必要な工事­費をパッケージにして、全国一律価格で販売していますね。

住宅のオンライン販売に足りない「家づくりのプロセス」

結局のところ、工事って下請け会社がするんですよね???

この仕組みは、モノ売りの発想

似たような仕組みは、「リノコ」とか「いえプラス」(結局リノコとくっつきました)とか、前からありましたから、そこまで驚くようなことではないですが、ようやく大手の重い腰が上がったので、様子見していた中小の会社も、ネットへの壁が溶けそうでしょうか(笑)

リフォームの場合、古い物を新しい物に取り替えることがベースなので、モノの質と価格が重視されやすい傾向がありますよね。だからシンプルに、ビフォアフターを見せて、総額を明確するのが効果的です。安易なリフォームなら、こういった仕組みが向いている気もします。

取り組み自体は、どんどんやっていってもらっていいと思ってますが、実は、個人的にはリフォームってあまり好きじゃなくて、注文住宅に比べて明らかに、一緒につくりあげる「プロセス」が足りないんですよね。

戸建て注文住宅は、ネット住宅に取り組んで失敗している!?

モノだけに目がいって、失敗したのがこちら。「ネット住宅」です。

ネット販売による営業コストのカットで、大手ハウスメーカーの住宅が低価格で建てられるということで、2010年頃、話題になりましたが、今現在はというと・・・

まったくのゼロではないでしょうが、売れてなさそうですね(笑)売れてたらガンガンCMしているはずですし、落とし所は「価格ではない」ということの表れではないでしょうか。

結局、業務の簡素化を求めるがあまり、大事にしなければいけない「家づくりのプロセス」を失っているわけなのです。

ネットを通じて伝えなければいけない「家づくりのプロセス」

中小の会社が、ネットを通じて家を売るとは、通販のように直接販売することではなく、施主といっしょにつくりあげる「家づくりのプロセス(過程)」を伝えていくことなんだと思っています。

そういう視点を持たない限り、大手がやることをいつまでも脅威に感じるでしょうし、新しいFCの手法ばかりに目が移ってしまうわけです。まず第一に見なければいけない相手は、施主です。

家づくりのプロセスを、

  • どれだけ価値あるものにしていますか?
  • どれだけ明確に伝えられていますか?
  • どれだけ具体的にカタチにできていますか?

今一度、ご自身の家づくりに当てはめてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。