住宅WEB集客は、充実した中身を見込み客に確実に届けることを繰り返そう!

今では、無料でもWEBサイトを作れる便利なツールがあるので、自社や自分でホームページを作成している方もいらっしゃると思います。ちなみに、このサイトも井内自身が自分でサーバー借りて、ドメイン取得して、有料テンプレートを使って作っています。

ここ最近、工務店の方から、WEBサイト(ホームページ)のリニューアル相談をお問い合わせが増えているので、WEBサイトについて、考え方をまとめてみます。

weeb

お遊びです。深い意味はないです(笑)

WEBサイト(ホームページ)に求めるものは何ですか?

このような質問をすると、決まって「問い合わせを増やしたい」「資料請求を増やしたい」とおっしゃります。やはり「集客したい」という目的のためにWEBサイトをつくるわけです。

だからこそ、「売れる」「反応がある」ということが必要になってきます。

ですが、住宅の場合、ネットで即決なんてことはないですので、「安心」や「信頼」などをネットを通じて築いていく必要があります。後々のクロージングをスムーズにするためにも、リアルで会う前に信頼関係を築く必要があるのです。

WEBサイト(ホームページ)は見てもらわないと意味がない

アクセス数を増やそう、ブログを更新しよう、SNSを活用しよう、動画を利用しよう・・・深い話になると、戦略が大事だ、ペルソナだ、キャッチコピーだ、などいろいろな話が飛び交います。

こういった言葉につまづいてしまい、一歩踏み出せなくなってしまうのなら、まずは見てもらうことを意識しましょう。

まず必要なのは、WEBサイト(ホームページ)を見てもらうことです。見てもらい知ってもらわないと、存在してないのといっしょですので、まずは見てもらいましょう。

でも、中身(コンテンツ)がなければ一見で終わる・・・

悲しいことに、ただWEBサイトがあるだけでは、もう効果はありません。

だから、見てもらうことと同時に、中身も充実させていかなければなりません。中身が充実すると、繰り返し見てくれる方が、自然と増えてきます。このような見込み客となりうる「リピート閲覧者」の獲得は、とても重要です。

伝える手段の数よりも、中身を充実させる項目数は限られている。

チラシ、ニュースレター、ネット広告、SEO(検索表示対策)、SNS、動画、メルマガなど、WEBサイト(ホームページ)を伝える手段はたくさんありますし、ネット系のツールはこれからも増えていくことでしょう。

でも、これらはあくまでも情報発信するためツールであって、WEBサイト(ホームページ)の中身(コンテンツ)ではありません。

住宅のWEBサイトで、必要な中身(コンテンツ)とは、

  • コンセプト
  • 施工例
  • お客様の声
  • 会社概要やプロフィール

などが、それに当たります。ただ日々更新できるものではないので、日々、発信できる内容だと、

  • コラム
  • ニュース
  • ノウハウ
  • レポート(イベントや現場)

などがそれに当たります。細かい内容を挙げたら、まだまだあると思います。

もちろん、写真や文章などで、ひとつひとつのクオリティが上がるに越したことはないですよ。更新頻度とクオリティが上がれば、間違いなくリピート訪問者は増えてきます。

中身が充実すれば、自然と見込み客は集まってくる。

コピーライティングなどのテクニックがあれば、中身がまだ整っていない状態からでも、見込み客を集めることはできるでしょう。でも、その技術がないのであれば、まずは上記の様な中身を充実させることに専念してください。

不思議なのですが、正しく作られたWEBサイトであれば、中身を充実していくと、自然とアクセス数も増え、反応も出やすくなるのです。

見込み客を集めるには、最初の接触する壁を低くする

以前、「住宅にマーケティングを取り入れるにはどうすればいいの?」という記事の中で、

来店 < 資料請求 < お問い合わせ < メルマガ登録

という式を書きました。これは壁を下げると、反応が得られやすいということです。

なので、リアルなイベントでも、見学会や相談会などの直結した内容だけでなく、暮らしに関連したイベントなどで、間接的に集めることも考えていきましょう。

だからといって、自分たちが雑貨屋を始めるのではなく、地域のお店や個人と連携し、顧客を共有することを意識してください。

充実した中身を、確実に届けることを繰り返す

そして、集めた見込み客に対して、充実した中身を、確実に届けることを繰り返すのが、最も再現性の高いWEB集客の方法になっていきます。

すごくシンプルです。やはり行動するためにも、シンプルに考えるのがいいです。

『見込み客は、ネットよりリアルで集め、ネットを使い関係性を築く』

住宅のWEB集客には、この意識が大事です。これができるようになると、自然とネット経由でも集まります。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。