テラダモケイが映像を使って模型を表現している!

テラダモケイによる、渋谷駅前交差点(通称スクランブル交差点)を100分の1スケールで再現したコマ撮りアニメーション「1/100 SHIBUYA Crossing」が面白いです。

テラダモケイのキャラクター(原器くん)約1000人がいっせいに横断歩道を渡ります­。

コマ撮りなので、撮っては止めて動かし、ということ何回繰り返したんでしょう。相当な時間が掛かってますね。

テラダモケイ、これから動画にチカラを入れるようですね。

テラダモケイ設立当初から、いつか建築模型用添景セットのキャラクター「原器くん」の映画を作ってみたいと思っていました。そして、設立4周年を機に「テラダモケイピクチャーズ」を設立、夢を実現する事にしました。
記念すべき第1弾は渋谷の交差点をテーマにした「1/100 SHIBUYA Crossing」。
今後は「テラダモケイピクチャーズ」というプラットフォームから映像作品を発信していきます。

TERADAMOKEI PICTURES

 

こういうの↓とか何気に面白いです。

以前、「味気ない模型を賑やかに!遊び心をくすぐるテラダモケイ」という記事でも書いていますが、味気ない模型を面白くしてくれる良いアイテムですよね。

 

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

    ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

    【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

    『注文住宅3.0』とは?

    【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

    『家づくりの仕組み』とは?

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。