手間を掛けたくないなら、WEB集客は諦めたほうがいい。

ちょっと厳しい話を書きます。

住宅において、WEB集客に、
手間を掛けたくないなら、

諦めたほうがいいと
思っています。

先日書いた記事、
————————————-
住宅WEB集客は、充実した中身を見込み客に確実に届けることを繰り返そう!
⇒ https://dtoac.com/blog/20150708/18263
————————————-

これは、

住宅におけるWEB集客の
基本的な考え方です。

でも、この手の話をすると、
大半は嫌がります。

なぜなら、

中身を充実させるということは、
手間が掛かるからです。

写真撮ったり、取材したり、
文章書いたり・・・と、

そういったことをする必要があるので、
面倒臭がって、多くの方はやりません。

また、「こうやったらできる」を探さず、
「できない」という理由を探してしまいます。

また、無料の目新しいFacebookや
Lineなどに目移りしてしまいます。

ですが、

お客さんは別に、FacebookやLineを
してほしいわけではないのです。

しているから、
頼みたいわけではないんです。

「家を建てたらどうなるんだろう?」
「どんな家のデザインなんだろう?」
「この雰囲気、いいなぁ。オシャレだなぁ。」
「新しい家はどんな風に過ごせるんだろう?」
「すでに住んでいる人はどんな感じなんだろう?」

など、あれこれ思う気持ちを、
理解してほしい、
共感してほしいのであって、

それには、1つ2つの内容では事足りません。

お金のある会社は、
内容作りを代行に任すでしょうが、

これはこれで、ノウハウとして、
自分たちに残らないのと、

直接、施主と接する機会が、
失われるので、

求めている感覚が
わからなくなりやすいです。

WEB自体は伝える手段です。

どういう内容を作りこんでいくかが、

住宅における
これからのWEB集客の
キーワードだと感じています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。