iPhoneを持つことは「伝える」という選択肢を持つということ

最近、アップルのiPhone6のカメラで撮影したCMが流れているのを目にします。

米「Apple」のサイトの「World Gallery」に、iPhone6のカメラで撮影した「World Gallery films」が追加されています。その中で、つい目に留まったのはこの2つ。

iPhone6の動画でも、十分、画になっていますよね。

写真の方も、iPhoneだけで撮影されたステキすぎる写真コンテスト「iPhone Photography Awards」などもあるぐらいで、十二分にカメラの性能が証明されています。

 

誰もが伝えられる可能性は秘めている!

去年の記事ですが、こちらの記事で取り上げられてた内容を見ても、一個人レベルでも伝えることができる時代になってきています。

下の動画は、BBCのレポーターが、iPhoneで撮影した、靴工場の現状を伝える映像です。撮影後にiMovieを使って映像と組み合わせて編集したとのこと。半年で基本的な編集技術を身に付けたようです。

彼曰く、「iPhoneを使って誰でもきちんとした映像を撮ることはできる。コツは忍耐強さと手をぶらさないこと。」なんだそうです。

 

実践した人だけに備わっていく「伝えるチカラ」

間違いなく、様々な出来事を伝えやすくなってきています。ですが、実践にしないかぎり身に付くことはありません。

技術はどんどん進歩しているので、まだ少しハードルが高い動画の編集も、もっと簡単になる時代が来るでしょうし、他のアイテムなども出てくることでしょう。

技術のハードルがもっと下がり、簡単になったとしても、伝える力がなければ、「何をしていいかわからない」という状態になるだけですので、日々、テストも兼ね、伝えることを実践していってほしいですね。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


【期間限定】初心者にお勧めの集客方法をプレゼント

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

地方の真面目な事業主が、集客と販売を成功させるための“王道で初歩的で初心者向けの方法”を、期間限定で無料プレゼントします!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、初心者に最も簡単で、効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。