行動が生んだ結果・元現場監督編

このところ、
仕事術関係の記事を
書いています。

——————————
iPhoneを持つことは「伝える」という選択肢を持つということ
⇒ https://dtoac.com/blog/20150711/18344
——————————
3割わかったら行動しよう!住宅ノウハウには大きな誤解がある。
⇒ https://dtoac.com/blog/20150713/18389
——————————

仕事術というほど、
大げさなものではないですが、
共通しているのは、「行動」です。

10年ほど、住宅業界に
関わってきましたが、

集客のノウハウって、
出尽くした感があって、

ノウハウとは呼べないくらい、
当たり前になっている部分が
あるんですよね。

だからこそ、
いい加減にしやすいので、

きちんとそれらをこなしていく、
行動力が必要なんですよ。

ある工務店の新規事業を
3名ほどで立ちあげた時、

モデルハウスを建てても、

最初は、集客も
なかなか思うようには
上手く行きませんでした。

ですが、そこの責任者の方は、

地道に、イベントを開催したり、
新しい取り組みで、
宿泊体験してみたりして、

引き渡した方には、
写真の撮影をお願いして、
プロのカメラマンに撮影してもらったり、

顔も出してもらえるよう、
お客様の声を取材をお願いしたり、

その後も、コミュニティ系の
イベントに招待したり、

ツアーと称して、
何組かのOB施主見学会を
開催したり、

ブログもスタッフが定期的に、
更新をしたり、

ニュースレターも定期的に
発行したりして・・・

こういったことを繰り返していく内に、
自然とクチコミで広がったのか、
認知され始めたのか、

ある時から、急に安定して
集客ができるようになっていったのです。

まいた種が花開いた、
ってところでしょうか。

ちなみに、その責任者の方は、
元々、現場監督で、
営業や集客のことは未経験の方です。

いろいろチャレンジしていますから、
もちろん、失敗もあります。

でも、そこから学んで
次に活かしているのです。

ここまで来たら、もう、
ノウハウではないんですよね。

「どんなことをしたら、
お客さんに自分達の価値を
わかってもらえるか?」

「どんなことをしたら、
お客さんに家づくりの1歩を
踏み出してもらえるか?」

「どんなことをしたら、
お客さんに家のことを
楽しんでもらえるか?」

こういう想いの上で行動すれば、
間違った方向にいくことはないですよ。

——————————
iPhoneを持つことは「伝える」という選択肢を持つということ
⇒ https://dtoac.com/blog/20150711/18344
——————————
3割わかったら行動しよう!住宅ノウハウには大きな誤解がある。
⇒ https://dtoac.com/blog/20150713/18389
——————————

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。