建築家・伴年晶氏の対話の重要性を説いた「つくらない建築」

建築家の伴 年晶さんのTEDでのプレゼン「つくらない建築」がすごく良いですね。

建築家として働くなかで「自分の個性」と「依頼者の希望」を両立させることの難しさに悩み抜いた結果、辿り着いた「つくらない建築」。

  • 対話が必要。建築目的(ソフトなこと)を高めよう。
  • 僕が今日1番言いたかったのは、建築家がつくろうと思わないこと。皆さんとちゃんと話をすればいいものが勝手にできちゃう。

そんな言葉がとても印象的でした。コトを大事にしているこの感覚は、とても好きです。

依頼者との対話から見えてくるもの・・・大事な感覚ですね。
こういうベテランの経験は、上手く吸収して、自分の糧にしたいですね。

伴 年晶/建築家

1945 年、山口県生まれ。 大阪大学工学部構築工学科卒業後、
1975 年に合同設計(現 VANS)を共同で設立。
使い手との共感による建築を目指し、Folk Architecture (フォーク アーキテクチャー)の実践に職能を求める。 住宅や商業建築、保育所、福祉施設などを幅広く 手がけ、中でもコーポラティブ住宅は、20 棟を越す実績がある。
現在は、内なる目的(使い手との対話)と外なる目的 (環境との融合)に素直に応える建築行為を楽しく 評価検証することによって、権威などよこしまな建築 目的に左右されている Symbolic Architecture(シンボリック アーキテクチャー)から脱却するよう、 建築風土の転換を提唱している。

[参考] http://tedxsannomiya.com/speakers/toshiaki-ban/

詳しくは、ログミーで書き起こしされています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。