ウィークリーニュースONZEで特集された高学歴な社員が入社する平成建設

19日放送の「ウィークリーニュースONZE」が、静岡の平成建設の特集だったようですが、観るのを忘れました・・・

平成建設は、地域工務店のベンチマークにもなっている工務店のひとつですね。

ウィークリーニュースONZEで特集された高学歴な社員が入社する平成建設

【7月19日放送】高学歴職人 建設業界の未来を担う若者たち

若手の職人不足に悩む、建設業界。だがそんななか、静岡県沼津市の建設会社・平成建設には、毎年多くの新入社員が入社。しかもその8割が、大学や大学院卒だ。入社したすべての社員は、各部署に配属される前に、工具の使い方など基礎的な技能を身につける。また、先輩の社員から建設に必要な技術を系統的に教えてもらえるなど、建築の知識を生かすだけでなく、自らの手で家づくりに携われることに魅力を感じているという。「高学歴職人」が、日本の建設の未来を担う!

500人以上の社員のうち、半分以上が職人とのことで、平均年齢も30代前半と聞きます。

新入社員は、まず工務部に配属され、現場で建設に携わり、現場のことや、他の部署との連携を学ぶという方法をとられています。まず、現場からというのは大事ですよね。

ただ、ここの会社が不思議なのは、これだけ社員がいるのに、出身者がいないんですよね。つまり、独立して自分で工務店を始める人がいないということ。(どこかにはいるのかもしれませんが・・・)

管理責任者の要件を満たしているものがいないに等しいのか、自分で経営するつもりがないのか・・・いずれにせよ、いい技術を培えるノウハウを囲い込んでいるのは残念ですね。

優れたノウハウは、支店ではなく、流派で広まっていってほしいです。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。