住宅業界に欠けているPR力には、大きな可能性が眠っている!

「家づくりの価値を伝える」ということを頻繁に書いていたりしますが、これは一般的に表すと、「PRのチカラをつけよう」ということなのです。それを業界向けに言葉を置き換えているのです。

PRとは、パブリック・リレーションズの略で・・・

パブリック・リレーションズ(英語:public relations、略称:PR)とは、国家・企業・団体などの組織体または個人が、一般大衆に対して情報を伝播したり情報や意見を受け入れること。 自身に対して理解や信頼を獲得しようとする目的で行われる広報活動または宣伝活動を含む概念で、多くの場合略して PR(ピーアール)と呼ばれる。

PR(パブリック・リレーションズ) – Wikipedia

PRは、昔から、住宅業界に大きく欠けているなと感じた要素でもあります。

大手はお金を掛けて、PR会社とかに依頼してたりしますが、中小零細の工務店は代行はもちろん、自社でも行ってない会社がほとんど。ましてや設計事務所ならなおさら・・・

せっかく良い設計・良い施工をしていても、それをなかなかカタチ伝えられてないですよね。でも、伝えられるようになると、一気にブレイクなんてことも。

例えば、設計事務所が認知度の高い賞を取って、ブレイクするなんて、典型的な例です。賞を取ることで、認知度が高まり、周りに一気に評価され始めるんですが、設計スキルそのものが急激に上がっているわけではないんですよね。伝わり方が変わり、受け手側の受け止め方が変わっただけで、培ってきた元々の設計スキルは変わらず高かったりするわけです。

また、評価を高める方法としては、

  • 業界関係者で出版社を作って、出版する雑誌に関係者の案件を掲載させる。
  • 業界関係者で社団法人とか協会を作って、認定制度を持ち込み、認定者を増やす。

なんて手法もあります。大半は、中身がない肩書だよりの戦略だったりしますが(笑)効果があるPR手法なので、手を出す方も多いですね。

PRは発想一つで数千、数億円生み出せる価値がある

「PRは発想一つで数千、数億円生み出せる価値がある」と答えるのは、ホリエモンこと堀江さん。

「堀江さんが会社の広報に求める能力としては、何を­重要視してますでしょうか。ベンチャーの広報として働くことになりそうで、広報未経験­な私としては、一般的な広報の仕事は想像がつくものの、学ぶべきことの要素で重要なも­のが分かりかねております。」という質問に対して、

「会社の広報に求める能力は、PR力、お金を使わないで広報をする能力に尽きる。」という回答をしています。

動画内では、ライブドア時代の広報・乙部さんについてお話されており、堀江さんは、乙部さん自らが有名になって知名度アップに貢献したことを高く評価されていますね。

確かに、当時の乙部さんって、タレント化してましたよね。今は、芸能プロダクションの広報をされているようです。

住宅業界に欠けているPR力には、大きな可能性が眠っている!堀江元社長に直談判した広報 乙部綾子さん|All About

ライブドア広報・乙部綾子さんにインタビュー。航空会社の客室乗務員だった彼女が、どうやって広報担当者に転職したのか? なんとパーティーの席上で、堀江社長に直訴したという。彼女のキャリア術とは?

IT関連の技術が発達したおかげで、誰もがPRできる時代

IT関連の技術が発達したおかげで、誰もがPRできる時代になっているのは、間違いないのですが、実は、PRって、めちゃくちゃ頭を使うというか、泥臭いです。

だから大半は、面倒臭がって、お金払っててっとり早くできる広告へ手を出すんですけど、やっぱりそれって”売り込み”が強い分、受け手側も拒否反応を示したりします。

「広報PRって一番お金を節約できるので僕はずっと考えてますね」

「PRは発想一つで数千、数億円生み出せる価値があるんですよね。色々チャレンジしてますよ。別に秘書1人雇うくらいコスト大したことないので試してみたらいいじゃないですか」。

と話す堀江さん。

住宅業界に欠けているPRのチカラには、大きな可能性が眠っていると感じています。だからこそ、そのチカラを持つ方が増えていってほしいですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。