中小の住宅会社・工務店でのPepperの活用はもう少し先?

売り切れ人気のロボットPepper、ヤマダ系、アキュラホームでも採用するようですね。

モデルルームや住宅展示場でPepperを活用したトライアルを実施

株式会社ヤマダ・ウッドハウス(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:増田 文彦、以下「ヤマダ・ウッドハウス」)、株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム(本社:大阪市北区、代表取締役社長:長野 純一、以下「ヤマダ・エスバイエルホーム」)、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:冨澤 文秀、以下「ソフトバンクロボティクス」)の3社は、ソフトバンクロボティクスと仏アルデバラン社(社長:冨澤 文秀)が開発した、自分の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」を、ヤマダ・ウッドハウスとヤマダ・エスバイエルホームが運営するモデルルームなどにおいて活用していくことに合意し、2015年7月24日より一部のモデルルーム・住宅展示場でトライアルを実施します。なお、3社は今後、Pepperと住宅のセット販売など、「ロボットのいる家」のコンセプト実現を目指して協力していきます。

アキュラホーム「ロボットが案内するモデルハウス」業界初 Pepperを住宅展示場に採用・常駐

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)は、2015年8月22日(土)より、さいたま新都心展示場のモデルハウスにて感情認識機能を持った人型ロボットPepper一人の採用・常駐を決定しました。

main

これよくよく調べると、基本プログラムだけでは、住宅の営業用には機能しないので、専用にソフトウェアを開発する必要があるようです。なので、そういう開発のための資金やらデータやらは大手に任せておきましょう(笑)

気軽に中小の住宅会社・工務店が活用できるのは、もう少し先のようですね。

 

それにしてもこのロボットを見るたびに、手塚マンガのロビタを思い出します(笑)

robita

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。