ロボットについて考えてみました。

住宅業界も、ロボット参入
増えてきましたね。

⇒ https://dtoac.com/blog/20150807/18823

pepperの基本プログラムは、
住宅系に対応しているわけではないので、

営業用に使うなら、
特別にアプリをいれる必要があります。

とはいえ、まだそのアプリはないので、
開発が必要です。

この開発や実験を含め、
大手住宅会社と進めているようですね。

こういうお金とデータが必要なことは、
大手に任せたほうがいいです(笑)

ロボット活用、
めちゃくちゃ期待しています。

なぜなら・・・

昔、

24時間365日、文句も言わず、
あなたの指示通りに、
ずっと活動してくれる・・・

そんなうたい文句で、
普及していったのが、

WEBサイト(ホームページ)です。

それと同じ強みで、
普及しそうなのが、
ロボットなのです。

ある工場では、
単純な詰め込み作業を
人からロボットに変えたところ、

年間180万円ほどの費用で、
人が行う費用の半分に、
抑えられたそうです。

また、昔と違い、

ネット環境が整備されたため、
データの蓄積は、
そのロボット単体で留まらず、

ネットを通じて、
大元に集客されていくでしょう。

つまり、

ロボットが増えれば増えるほど、
データも様々なケースが貯まり、

そして、そのデータを
他のロボットにも
共有できることになります。

他の経験をも吸収できるとなると、
成長力は半端ないですよ。

ロボットの質もありますが、

今のWEBサイトと
同じぐらいの価格帯、

40万円前後ぐらいに
落ち着いてくると、
一気に普及しそうです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。