No.1を目指そう!自分も会社も何だったらNo.1になれるか?

VOGUE8月号に掲載されている堀江さんのインタビューのダイジェスト版が、VOUGEのサイトにアップされていますね。アンチも多い堀江さんですが、個人的には仕事術とか考え方とか参考にさせてもらっています。

堀江貴文がVOGUEに教えてくれた、新・仕事術 6か条。No.1を目指そう!自分も会社も何だったらNo.1になれるか?

堀江貴文がVOGUE JAPANに初登場! 仕事において「安定」という言葉がなくなりつつある日本。同時に、企業の大小に囚われず自由にしなやかに働く女性が今、増えてきています。働くことってなんだろう? その原点を考えさせられる、堀江流の仕事術6か条をダイジェストでお伝えします。

 

 

この6か条を、住宅の仕事に置き換えて、考えてみました。

まず、大企業に入れば安泰だなんていう幻想は捨てること。

注文住宅は確実に減っていきます。安泰はありえないですね。

 

アイデアなんか大事じゃない。やりたいと思ったらまず動く。

まず行動するって、自分にすごく欠けてたことで、今でも自分に言い聞かせるように、周りにも発信しています。

 

誰かに喜んでもらうことこそが、ビジネスのモチベーション。

相手との信頼関係を築いていく上でも、喜ばせることは欠かせないですよね。もちろん、家を建てる前の話です。

 

自分のヒエラルキーが下ならば、自分が上に立てる別のヒエラルキーを作る

ヒエラルキーは、ポジションみたいなものです。仕事をする上でも、集客することにおいても、とても大事です。
自分(自社)がNo.1になれる居場所をつくると、いろいろなことがやりやすくなります。この地域で、何だったら1番になれるか?ですね。

 

物事を立体的・多面的に見る。

表面的に見たら、注文住宅にリピーターはいらないと思われがちですが、実は、施主を活かすことが、これからの住宅の集客の鍵を握っていると捉えています。

 

持っている資格や能力に縛られない。

建築士の資格があるからって、設計に進む必要はないんですよね。インテリアコーディネーターもそう。資格をとるのに、お金や時間を投資しているから、しがみつきたくなるんですが、それしか出来ない人は腐るほどいます(笑)まさか、自分が住宅関係で仕事をするなんて思ってもなかったですよ。

 

ちなみに、VOGUEのサイトの6分割の見せ方は、酷評のようですね(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。