暮らしの中に都会と田舎の両方を取り込める贅沢さ

CASA BRUTUS(カーサブルータス) NO. 186の特集”自然と暮らす”が良いテーマですね。

”自然と暮らす”というテーマは、昔からありましたが、ここ最近は、都会だろうが田舎だろうが場所に関係なく、自然を感じて暮らしたいという方は増えていますよね。暮らしの中に、都会と田舎の両方を取り込む贅沢さですね。

CASA BRUTUS(カーサブルータス) NO. 186

田舎でも都会でも、自然を感じながら過ごす心地よいライフスタイルを取材しました。海や山の近くに住まいを持つ。ウィークエンドハウスで自然と戯れる。ささやかの菜園で作物を育てて食べる。自然との暮らし方はさまざまですが、どれも個性的なセンスに溢れていました。

暮らしの中に都会と田舎の両方を取り込める贅沢さ

Casa BRUTUS No. 186

 

トカイナカ(都会+田舎)生活という、二地域居住

上記の”自然と暮らす”というテーマに関連して、SUUMOジャーナルで特集されている、馬場未織さんのエピソードが参考になります。

週末は田舎暮らし。二地域居住で見つけた暮らし・地域との関わり|SUUMOジャーナル

東京ー千葉という二地域居住をされている馬場さんは、建築ライターであり、「NPO法人 南房総リパブリック」の代表理事を務められているので、やはり住に対する意識は高いですよ。

特集の中で、気になった部分を取り上げてみますね。

  • 自由度が高くなると、夫婦間の価値観の違いが分かりやすくなる

「家族のなかでも、田舎暮らしについて認識やプライオリティが違うものです。私はちょっと畑がやれて、小屋程度の小さな家があればいいやと考えていたんですが、夫は広大な土地が理想で、もっと自然とガッツリと関わりたいと思っていたり。実際に、田舎の不動産を一緒に見ていくなかで、その価値観が違うことが分かりました」

”自然と暮らす”というテーマの中にも、やはりそれぞれの好みや価値観がありますね。制限が少なくなり、自由度が高くなると、価値観のズレってわかりやすくなりますね。

 

  • 家は資産という親世代の理解を得られない

「田舎の不動産とはいえ、小さくない金額がかかるので、双方の両親を含めて親族の心配も大きかった。『後で売るにも売れない不動産を買ってどうするんだ?』という訳です」。少し上の世代では、こうした田舎暮らしの価値観自体が分からない・共感できないということも実際にはあるようだ。

カタチに残らないものを、価値と捉えられない方たちには、理解は難しいでしょうね。特に、物が不足していた時代の方たちならなおさらです。

でも今のモノ余りな世代だと、”体験”に価値をおいている方が増えてきている気がします。

 

  • 何を”贅沢”と考えるかで、可能性は大きく異なる

「当然、二地域居住は、もう一つの住宅、往復の交通費や光熱費など追加の費用がかかります。これについては、私たち家族の『贅沢』だと考えています。東京に暮らす普通の家族は、たまにリゾートに旅行に行ったり、いい服を買ったり、子どもを合宿や塾に通わせたりします。私たち家族にとっては、その代わりがこの房総の家なのです」という割り切りがある。

田舎での住宅費用や光熱費などは、過ごしやすい場所であれば、少額に抑えやすそうですが、交通費は毎度のことなので、ルートによって大きく異なりますよね。なので、二地域を結ぶ交通ルートが整っている(安価)ことが、キーポイントになりそうです。

また、馬場さんのように、何を”贅沢”とおくかが、長く続けられる秘訣なのかもしれません。安易な憧れだったら、1日体験などの宿泊程度で十分な気がします。

”暮らしの中に都会と田舎の両方を取り込める贅沢さ”は、これからの家づくりのヒントになりそうです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。