「PRが必要」と説く、その理由とは?

PRという言葉、

意味合いが難しいなと
思っていたので、

使うのをできるかぎり
避けてたのですが、

東北芸術工科大学の授業で、
その辺りをうまくまとめてられています。

芸術系の大学でも、
PRを学ぶ時代なんですね。

⇒ https://dtoac.com/blog/20150814/18942

その書かれた内容を受けて、
自分なりにまとめたのが、

”PRとは、情報の受け手と
コミュニケーションを行って
関係性をつくっていくこと。”

関係性をつくっていく行いは、
全て”PR”ってことです。

わかりやすい方法で言えば、
”イベント”がそうですね。

何度も書いてますが、

これからの住宅の集客に、
関係性をつくることは必須です。

つまり、

関係性をつくること=PR

です。

PRができないとなると、
多額の広告宣伝費を使って、

モデルハウス建築、
チラシ、CM、雑誌掲載などの、

イメージ戦略をするしかないですね。

—————————————
PRができない工務店&設計事務所は、イメージ広告戦略をたどるしかない!?
⇒ https://dtoac.com/blog/20150814/18942
—————————————

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。