「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

家を「建てる」という考えの方と、家を「買う」という考えの方、あなたはどちらを相手したいですか?「建てる」と「買う」という言葉の使い方でも、ターゲットとなる客層は変わってきますね。

個人的な印象ですが、注文住宅において、「建てる」という方は、ひと手間掛けたりして、自分らしいオリジナル性を求める傾向が強く、「買う」という方は、決められた素材の中から選んで、カスタマイズする傾向な感じがします。

例えば、家族や友人たちと家の壁を塗ったり、好きな素材を張ったり、みんなでワイワイ楽しみながらDIYをする方は、家を建てるという感覚が強いですよね。

「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

DIYで「壁を張る・ペイントする」意向理由(出典:2014年実施 リノベーション・DIYに関する意向調査 リクルート住まいカンパニー調べ)

SUUMOの記事でも挙げられていますが、DIYをする理由に「楽しそう」が一番なのがいいですね。合理さよりも感情です。

2番めの「高くつくので」は、DIY推進側の狙いというか、実際はそんなには安くならないですけどね。注文住宅の場合、施工する会社の捉え方で金額も変わってくるので・・・

 

賃貸にDIYを求める人は、もし家を建てることになってもDIYを求める?

最近では、賃貸にもDIYの波が押し寄せてきていて、DIYが可能な賃貸も増えてきました。一昔前は、オーナーも利回り優先で、嫌がってたのですが、部屋余りの時代になってきたので、そうも言ってられない方が増えてきましたね(笑)

大家さんのフリーマケット・ウチコミ!の「DIY賃貸に関する意識調査」も興味深い内容です。

「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

今住んでいるお部屋をDIYしたいと思ったことがありますか?

「DIYしたいという気が全くない」が24%。やはり、やりたくない派は2~3割はいますね。また、③と⑤を足したDIYをした&したかった派も2~3割いますね。

「DIYをしたいと思っていたけれども何もしていない」方が一番多いのは、うなずけます。多分、DIYをしたいしたくないというより、どっちでもいいんですよ。「できるのであれば、やってみたいけど、できないならいいや」みたいな、流れるままで行動を起こさない方たちです。大体4~6割くらいはどっちでもいい派です。

こういう方に対しては、座学でDIYノウハウやメリットを伝えるより、体験させると心情は変わっていきます。試しにでもいいので、体験させることが鍵を握ります。

DIY可能な賃貸を求める人が、必ずしも家を建てるわけではないでしょうが、もし建てるとしたら、よほど嫌な思い出がないかぎり、DIYを求めると思いますよ。

個人的には、「買う」家よりも「建てる」家が好きです。

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。