「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

家を「建てる」という考えの方と、家を「買う」という考えの方、あなたはどちらを相手したいですか?「建てる」と「買う」という言葉の使い方でも、ターゲットとなる客層は変わってきますね。

個人的な印象ですが、注文住宅において、「建てる」という方は、ひと手間掛けたりして、自分らしいオリジナル性を求める傾向が強く、「買う」という方は、決められた素材の中から選んで、カスタマイズする傾向な感じがします。

例えば、家族や友人たちと家の壁を塗ったり、好きな素材を張ったり、みんなでワイワイ楽しみながらDIYをする方は、家を建てるという感覚が強いですよね。

「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

DIYで「壁を張る・ペイントする」意向理由(出典:2014年実施 リノベーション・DIYに関する意向調査 リクルート住まいカンパニー調べ)

SUUMOの記事でも挙げられていますが、DIYをする理由に「楽しそう」が一番なのがいいですね。合理さよりも感情です。

2番めの「高くつくので」は、DIY推進側の狙いというか、実際はそんなには安くならないですけどね。注文住宅の場合、施工する会社の捉え方で金額も変わってくるので・・・

 

賃貸にDIYを求める人は、もし家を建てることになってもDIYを求める?

最近では、賃貸にもDIYの波が押し寄せてきていて、DIYが可能な賃貸も増えてきました。一昔前は、オーナーも利回り優先で、嫌がってたのですが、部屋余りの時代になってきたので、そうも言ってられない方が増えてきましたね(笑)

大家さんのフリーマケット・ウチコミ!の「DIY賃貸に関する意識調査」も興味深い内容です。

「家を建てる」と「家を買う」どちらの言葉を使いますか?

今住んでいるお部屋をDIYしたいと思ったことがありますか?

「DIYしたいという気が全くない」が24%。やはり、やりたくない派は2~3割はいますね。また、③と⑤を足したDIYをした&したかった派も2~3割いますね。

「DIYをしたいと思っていたけれども何もしていない」方が一番多いのは、うなずけます。多分、DIYをしたいしたくないというより、どっちでもいいんですよ。「できるのであれば、やってみたいけど、できないならいいや」みたいな、流れるままで行動を起こさない方たちです。大体4~6割くらいはどっちでもいい派です。

こういう方に対しては、座学でDIYノウハウやメリットを伝えるより、体験させると心情は変わっていきます。試しにでもいいので、体験させることが鍵を握ります。

DIY可能な賃貸を求める人が、必ずしも家を建てるわけではないでしょうが、もし建てるとしたら、よほど嫌な思い出がないかぎり、DIYを求めると思いますよ。

個人的には、「買う」家よりも「建てる」家が好きです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。