「環境や立場が人を変える」実験結果とは?

「環境や立場が人を変える」
という話をご存知でしょうか?

これ、昔に、
アメリカのスタンフォード大学で、
実際に実験されているのです。

概要を書くと、

——–
一般人21人の内、
11人を看守役に、10人を受刑者役に
グループ分けし、

それぞれの役割を、実際の
刑務所に近い設備を作って演じさせた。

その結果、時間が経つに連れ、

看守役の被験者はより看守らしく、
受刑者役の被験者はより受刑者らしい
行動をとるようになるという事が証明された。
——–

というものなのですが、

これは、
「スタンフォード監獄実験」
と呼ばれており、

映画『es [エス]』や、
『エクスペリメント』の
元ネタにもなっています。

よかったら映画を観てみてください。

ただ、シリアスでバイオレンスなので、
家族で観ようという内容ではないです(笑)

この仕組みって、
仕事はもちろんのこと、

家づくりや集客にも通ずる部分が
あると思っています。

セルフイメージとかも
同じようなところですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。