iPhoneから学ぶ、売り方の事例

昨日から、iPhone6Sの
予約の受付が始まりましたね。

井内は現在、6を使用しており、
今回は見送ろうかと・・・

iPhoneの売り方を見ていると、
非常に興味深いんですよね。

まず、

iPhoneの最新版が発売になる際に、
“ある仕掛け”をしていきます。

それは、最新版が発売になることを、
マスコミやインターネットを通じて、
告知し始めます。

すると、その発売情報を知った人は、

「次はどんな機能が搭載されているのか?」
「一体何が新しくなったのか?」
「大きさは?値段は?」

と気になり始めます。

そして、発売開始になるまでの期間に、
少しずつ新しいiPhoneの公式的な情報が
明らかにされていきます。

同時に口コミも広がっていくので、
かなりの勢いで情報が拡散していきます。

そして、発売開始日が決まると、
先行予約を受付けます。

(今回、アップルでは最初の販売は
予約者のみらしいですよ。)

発売当日、最新版を欲しい人たちが
長蛇の列を作ります。
(特にアップルストアで)

発売開始から数時間で販売完了
というパネルがあがります。

実は、ここがミソです!

最初から販売完了になるように、
在庫を少ししか用意をしていません。

なぜ、そんなことをする必要があるのか?

それは、

販売完了というパネルを出して、
それをマスコミ等で
取り上げてほしいからです。

それによって、

物凄い人気があるということを
マスコミを通じて人々に、
伝えることができるからです。

その報道を見て、
そんなに話題になって売れているなら、

「私も買おうからしら?」という
心境になります。

それが狙いなのです。

この方法って昔からあるやり方で、
ドラクエやWindowsも
同じような方法でヒットしていますよ。

住宅でも応用できそうですが、
物が高額なだけに、
ちょっと手が掛かりそうですね(笑)

でも参考にはなりますよ。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。※現在、お休み中ですが、特別な案内があればお送りしています。
メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。