iPhoneから学ぶ、売り方の事例

昨日から、iPhone6Sの
予約の受付が始まりましたね。

井内は現在、6を使用しており、
今回は見送ろうかと・・・

iPhoneの売り方を見ていると、
非常に興味深いんですよね。

まず、

iPhoneの最新版が発売になる際に、
“ある仕掛け”をしていきます。

それは、最新版が発売になることを、
マスコミやインターネットを通じて、
告知し始めます。

すると、その発売情報を知った人は、

「次はどんな機能が搭載されているのか?」
「一体何が新しくなったのか?」
「大きさは?値段は?」

と気になり始めます。

そして、発売開始になるまでの期間に、
少しずつ新しいiPhoneの公式的な情報が
明らかにされていきます。

同時に口コミも広がっていくので、
かなりの勢いで情報が拡散していきます。

そして、発売開始日が決まると、
先行予約を受付けます。

(今回、アップルでは最初の販売は
予約者のみらしいですよ。)

発売当日、最新版を欲しい人たちが
長蛇の列を作ります。
(特にアップルストアで)

発売開始から数時間で販売完了
というパネルがあがります。

実は、ここがミソです!

最初から販売完了になるように、
在庫を少ししか用意をしていません。

なぜ、そんなことをする必要があるのか?

それは、

販売完了というパネルを出して、
それをマスコミ等で
取り上げてほしいからです。

それによって、

物凄い人気があるということを
マスコミを通じて人々に、
伝えることができるからです。

その報道を見て、
そんなに話題になって売れているなら、

「私も買おうからしら?」という
心境になります。

それが狙いなのです。

この方法って昔からあるやり方で、
ドラクエやWindowsも
同じような方法でヒットしていますよ。

住宅でも応用できそうですが、
物が高額なだけに、
ちょっと手が掛かりそうですね(笑)

でも参考にはなりますよ。

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。